トップギア・ジャパン - 3ページ目

日本初EV SUV、テスラ モデルXの斬新さと自動運転

最高モデルでは航続距離542kmも テスラモーターズジャパンから第3車種目となるSUV、テスラ モデルXが販売された。モデルXは、日本で販売される市販車として初めての100%電気自動車SUVだ。 モデルXは、デュアルモー続きを読む…

セレブの極み!アストンマーティンのパワーボートがモナコでデビュー

ハイグレードモデルでは520馬力、最高速度は50ノット(約92.6km/h) アストンマーティンといえば、007カーとしても有名なDBシリーズをはじめ、英国のラグジュアリー自動車メーカーといった印象をお持ちの方が多いと思続きを読む…

2.6億円のケーニグセグ アゲーラRSRは日本限定3台

既に2台は売れており、残り1台も日本向け 2.6億円――ケーニグセグ アゲーラRSRの税抜き参考価格である。なぜ参考価格なのかというと、オプションをつけただけで、金額が相当変わってしまうし、為替の問題もあるからだ。こんな続きを読む…

フォード・フォーカスRSで原点回帰のケン・ブロック新作動画

トップギアでも2016アワード受賞車のフォーカスRS 合計再生回数4億回以上と、いつも更新が楽しみなケン・ブロックの最新動画「ジムカーナ9」が公開された。今回のマシンには、モンスターエナジーがサポートするFIA ワールド続きを読む…

えっ?イヴォークをコンバーチブルにしちゃったの?

ターボ付き2.0L直4ガソリンエンジンモデルが日本上陸 ダイナミックな印象のフロントバンパーが特徴のイヴォークはいちど見たら忘れられない存在のSUVである。そのイヴォークのコンバーチブルモデルが、ついに日本でも受注が開始続きを読む…

ポルシェがクルマ好きの心をわしづかみにする理由

「ポルシェさえあれば、他のクルマはいらない」そんな風に考える人たちは世界中に少なくないし、日本でも人気のあるポルシェ。もちろん、日本でもポルシェ専門の自動車雑誌もあるし、新型車が導入されれば、数々の雑誌の表紙を飾ることと続きを読む…

25年の時を経て蘇った新型NSXはホンダの企業イメージを向上させるスーパーカー

米国の専用工場で作られる新型NSX 初代から25年ぶりにようやくフルモデルチェンジした新型NSX。8月25日に国際展示場で発表会が行われ、当日から予約が開始となった。価格は2370万円からで、日本では年間100台を販売す続きを読む…

ジャガーF-PaceはSUVかスポーツカーか? 雑誌「トップギア・ジャパン004」

書泉グランデ・書泉ブックタワーではトップギアフェアも実施 イギリス発の自動車TV番組「トップギア」の日本語雑誌版トップギア・ジャパンの004号目が8/26(金)に発売された。 004号では、ジャガーから出た初めてのSUV続きを読む…

8/25発表のホンダNSX、カウントダウン

NSXメルマガもあるティザーサイト 待ちきれない人もたくさんいるであろう、ホンダの新型NSX。8月25日(木)に発表する予定のNSX(エヌエスエックス)だが、特設ページで先行公開された。 初代は、バブル期の1989年発表続きを読む…

マツダ ロードスターのアーキテクチャーをベースに開発されたFR、アバルト124スパイダー

生産はマツダ本社工場で行われる、日伊合作のオープンカー アバルトから、待望のオープンモデル、アバルト124スパイダーが、8/7まで開催中のオートモビルカウンシルで発表された。6MTが388.8万円、6ATが399.6万円続きを読む…
3 / 512345
subscribe RSS