新車ニュースMAZDA

MazdaのCX-3、世界初技術開発でディーゼルのノック音が気にならないレベルに

「SKYACTIV-D 1.5」は、2.5Lのガソリンエンジンを上回るトルクフルな走りと高回転までリニアに加速する優れた動力性能、また高価なNOx後処理システム無しで高い環境性能を実現する小型クリーンディーゼルエンジン

「SKYACTIV-D 1.5」は、2.5Lのガソリンエンジンを上回るトルクフルな走りと高回転までリニアに加速する優れた動力性能、また高価なNOx後処理システム無しで高い環境性能を実現する小型クリーンディーゼルエンジン

ディーゼルノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を新開発

2月末から日本で発売予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を楽しみにしている人も多いだろう。その搭載ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」に、ディーゼルエンジン特有のノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が採用されるという。

マツダは、ディーゼルノック音の発生メカニズムを探究した結果、燃焼時にコネクティングロッドの伸縮にともない発生するピストンの振動が原因であることを突き止めた。新開発された「ナチュラル・サウンド・スムーザー」は、空洞のピストンピンに内蔵することでノック音の原因である振動を吸収する技術である。

150220b

これにより、特に発進時やゆっくりとした加速時などに車室内で聞こえやすい周波数3.5kHz付近のディーゼルノック音を、未装着車に比べて最大で10dB低減することに成功した。夜中や早朝に家を出ないとならない仕事の人には嬉しい技術だろう。

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/9334/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS