話題TOYOTA

TOYOTAがSiCパワー半導体搭載カムリとFCバスの公道走行開始

SiC搭載車両カムリ

SiC搭載車両カムリ

カムリのPCU、燃料電池バスの昇圧コンバーターに搭載。燃費向上効果を検証

以前TOYOTAと日野自動車がFCバスを豊田市に提供したニュースをお届けしたが、SiCパワー半導体を搭載したカムリが公道走行を開始した。SiCパワー半導体を使用してハイブリッド車などのモーター駆動力を制御するパワーコントロールユニット(以下、PCU)に新素材SiCパワー半導体を搭載したカムリ(HV)の試作車を開発し、2015年2月初めより約1年間、豊田市を中心に公道での走行試験を行うことになった。さらに、2015年1月9日から、豊田市内の路線バス(とよたおいでんバス「豊田東環状線」)として営業運行している燃料電池バス(FCバス)においても、FCスタックの電圧を制御するFC昇圧コンバーターにSiCダイオードを搭載しており、走行データを取得し、燃費向上効果を検証する。

FCバス

FCバス

SiC PCU

SiC PCU

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/9017/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS