話題TOYOTA

TOYOTAのMIRAIが2016年2,000台、2017年には3000台に増産

mirai

トヨタは、本日、新型燃料電池自動車「MIRAI」の増産を決定した。
「MIRAI」の生産に関しては、現在、2014年12月15日の日本での発売以降2015年末までの約1年間は、約700台の計画で進めているが、2016年は2,000台程度、さらに2017年には3,000台程度に拡大する。

日本では、発売からおよそ1カ月の受注台数が約1,500台に達するなど好評を得ていることや2015年の秋からは米国・欧州で販売を開始することを踏まえ、需要に応じた供給体制を整備していく。

なお、増産後の日本、米国、欧州での販売計画については、各国での水素ステーション整備の進展、エネルギー政策、車両購入補助策や環境規制等の行政施策、お客様の需要動向などを見極めながら検討を進める。

TOYOTAの技術無償供与も含め、他のメーカーの動きが注視されるところだ。

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/8959/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS