話題MITSUBISHI

東京オートサロンのMITSUBISHIランエボがマット仕様で超ストリートな件

ランサーエボリューションX Final Concept

ランサーエボリューションX Final Concept

今日はクリスマス・イブ!でも”ぼっち”でケーキを食べるしか予定がないよ…という非リア充でクルマ好きのみなさん、年明けはオートサロンが待ってるぜ!

MITSUBISHIは、2015年1月9日(金)~11日(日)に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2015 with NAPAC」に、カスタムカーを4台、ラリーカーを1台出品することが決まった。で、ランエボがめちゃくちゃカッコイイんだ、これが。全体的にカスタムカーはブラックづくしで、筆者はこういうの大好きだ。中には、え!?これもブラックにしちゃうの?ってクルマもあって、とっても強引な感じがステキ。もちろんオートサロンだから思い切ったコンセプトカーを出した、というのはわかるけれど、メーカーはこのくらいユーザーを引っ張っていく主張があった方が惹かれると思うが、いかがだろうか。

アウトランダーPHEV Sports Style Edition:Concept-B

アウトランダーPHEV Sports Style Edition:Concept-B

デリカD:5 KEEN YELLOW

デリカD:5 KEEN YELLOW

その”ランサーエボリューションX Final Concept”は、『ランサーエボリューションX』の最終進化型ストリートモデル。5速MTを搭載した「GSR」をベースとし、精悍さを引き立てるマットブラックのボディに、アクセントとしてルーフやリヤスポイラーなどを光沢のあるグロスブラックとしたほか、フロントグリルのフレームをダーククロームメッキとしている。インテリアでは、シートにスポーティなレッドのステッチをあしらった。
性能面では、HKS製のスポーツタービン、吸排気系パーツ、燃料系パーツ、冷却系パーツ、ECUを採用し、HKSのチューニングノウハウを活かして最高出力480馬力を発揮。アルミホイールは鍛造ワンピース工法で軽量・高剛性のRAYS製「VOLK RACING G25」、タイヤはレーシングテクノロジーを注ぎ込んだハイグリップのYOKOHAMA製「ADVAN NEOVA AD08R」を採用(いずれも19インチ)。HKS製車高調整式スポーツサスペンション「HIPERMAX MAX4 SP」を採用している。

うへー、かっこえー。なんか”Final ”っていうのがちょっと泣けるけど…。

ちなみに、今日は筆者も”ぼっち”でケーキを食べる予定だ。年明けのオートサロンのことを考えて(から)元気だそうっと。

eKスペース G-tone Style

eKスペース G-tone Style

アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー参戦車

アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー参戦車

 

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/8578/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS