新車ニュースMAZDA

MazdaアテンザとCX-5に「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」搭載

P1J09123s

「アテンザ」「CX-3」安全機能を大幅に進化させ、2015年1月7日より発売

MazdaのアテンザとCX-3が大幅改良し、年明け1月7日から販売を開始する。

P1J09107sP1J09124s

とくに、注目されるのは、夜間や高速走行時の運転をより安心して「走る歓び」を感じてられるよう、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の中でも特にドライバーの認知支援を強化したことだ。
日本の自動車メーカーとして初のLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを備えた新世代ヘッドライトシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を搭載。対向車や先行車のドライバーを眩惑させることなく、常時ハイビームでの走行が可能*4となり、夜間走行における視認性を飛躍的に向上させた。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)イメージ

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)イメージ

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

従来の「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」の検知範囲を広げ、自車の後方のみならず側方から接近する車両も検知する「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や、後退時に接近する車両を検知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」機能も採用した。
マツダ初採用の「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」により、車線を認識してステアリング操舵トルクのアシストやステアリング振動警報によって運転操作をサポートする。

また、走りの面では新構造の前後ダンパー、フロントロアアームのブッシュ形状最適化などにより実現したスムーズでフラットな質感高い乗り心地となった。

ガソリンエンジン車には、走行モードを切り替えることで意のままの走りをサポートする「ドライブセレクション」を採用。
「アテンザ」SKYACTIV-D 2.2搭載車には、新世代4WDシステムを新たに設定。優れた走破性と車両の安定性、燃費性能を高次元で両立。
「アテンザ」「CX-5」とも新世代4WDシステムのPTO・リヤデフオイルに新開発の低粘度化学合成オイルを採用。「CX-5」は4WD車の実用燃費がさらに向上するなど、グレード毎にユーザーの趣向をつかんだ設定となっている。

P1J09104sP1J09120s

価格は、アテンザ/アテンザ ワゴンが2,764,800円~3,969,000円まで15グレード、CX-5が2,446,200円~3,488,400円まで12グレードと豊富なラインナップとなっている。

アテンザ

http://www.atenza.mazda.co.jp/

CX-5

http://www.cx-5.mazda.co.jp/

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/7735/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS