話題LEXUS

ゴールドが神々しすぎるLEXUS LF-C2は、開閉ルーフ無しの男前っぷり

LEXUS LF-C2

LEXUS LF-C2

キランキランが神々しいレクサスのオープン・コンセプトカー

LEXUSは、米国・ロサンゼルスで開催される2014年ロサンゼルスオートショーに、オープンエアタイプのコンセプトカー「LEXUS LF-C2」を出展する。

LEXUS00001LEXUS00003

湿り気の感じられるキランキランなLF-C2は、下品と上品のギリギリを攻めたように見えるが、ロスでは好評だと思う。これは、LEXUSが目指すエモーショナルなデザインをテーマにしたデザインスタディであり、光からインスピレーションを得たという。2+2シーターのGTカーで、自然と一体となったドライビングが楽しめる開閉式ルーフすらないという、男前っぷりが潔い。

エクステリアは、ボディ表面の造形により、陰影が見る角度や光の種類によって変化するフォルムとし、外板色には、陰影の変化を際立たせる新規開発色のゴールドイエローを採用。精緻に編み込まれたメッシュ形状のスピンドルグリルや、5本スポークの20インチアルミホイールにより、存在感を強調した。

LEXUS00007LEXUS00004

インテリアは、リヤデッキを起点とした、センターコンソールからダッシュボードまでを含めた一体感ある構成とし、タッチパッドを用いたリモートタッチを採用するなど、機能的かつシンプルなデザインとした。また、手によく馴染むレザーステアリングと身体にフィットするシートにより、走りの楽しさをよりダイレクトに表現している。

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)4,715×1,840×1,385

LEXUS00009LEXUS00006

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/7732/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS