話題MITSUBISHI

出雲大社にMITSUBISHIアウトランダーPHEVが奉納された

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんか、いきなり格式高い絵面である。

MITSUBISHIが出雲大社に対し、『アウトランダーPHEV』を奉納したという。9月25日に、同大社の仮拝殿にて、奉納式も行われた。
出雲大社は境内の自然保護活動に力を入れられており、三菱自動車は、EV走行でのCO2排出量ゼロ、モーター走行で高い静粛性を持つ『アウトランダーPHEV』が、この活動に最適と考え、この度奉納することにしたとか。

世界初の4WD・SUVプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』は、日常は環境に優しいEV走行、遠出はモーター主体のハイブリッド走行により、高い環境性能と優れた経済性だ。また、状況に合わせて最適な走行モードを自動で選択するほか、前後にそれぞれ独立したモーターを搭載したツインモーター4WDにより、滑らかな加速感、高級車並みの静粛性を両立している。

なお、『アウトランダーPHEV』は、2013年1月に日本で発売して以降、順次、輸出地域を広げ、2014年8月末時点、世界30ヶ国以上で約3万7千台を販売している。

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/6202/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS