話題SUBARU

SUBARU WRX S4/WRX STIが目標の6倍売れの秘密は、40代のスバリストが握っていた

14WRSFC009

8月25日に発表した新型WRX S4/WRX STIの受注台数が、発表後約1ヵ月時点(2014年9月24日まで)で、WRXシリーズ月販目標650台に対し、シリーズ合計で約6倍となる3,835台となり、ますます絶好調なスバル。

WRX S4が目標400 台に対して1,992台と5倍、WRX STI が目標250台に対して1,843台で7.4 倍、両方合わせると約6倍の売れ行きだ。とくに上振れたのが、WRX STIなのだ。

PHOTO_005

 

グレード構成比だと、WRX S4は、2.0GT EyeSight(3,348,000円)が25%、2.0GT-S EyeSight(3,564,000円)が75%で、WRX STIはSTI(3,790,800円)が45%、STI Type S(4,114,800円)が55%といずれもハイグレードモデルのシェアが高い。WRX S4の差はシートなどが豪華仕様なのと、WRX STIの差は、ビルシュタイン製ダンパーとリアスポイラーが大きなところだ。高い方が売れゆきが良いという、恐るべしスバリスト。おそらく、「大好きなスバル車を買う」→「どうせなら、より快適さと高級感がほしい」というユーザーが多いのだろう。

そして、色味の傾向が面白い。

WRX S4の方は、クリスタルホワイト・パール 28 %、アイスシルバー・メタリック 24 %、WRブルー・パール 18 %、クリスタルブラック・シリカ 17 %、ダークグレー・メタリック 9 %、ライトニングレッド 4 %と、上位はキレイに分かれている。こちらは想定内だ。
WRX STIは、まあ、1位の予想はしていたけれど、WRブルー・パール。数字は、まさかの…46 %!ひぃーーーーー。半分弱がブルーとは。2位以下はクリスタルホワイト・パール 24 %、クリスタルブラック・シリカ 14 %、アイスシルバー・メタリック 7 %、ダークグレー・メタリック 6 %、ライトニングレッド 3 %となる。この最後のレッドを選ぶ人は、「ブルーじゃ、普通すぎね?」という感じなのかしらん。確かに、遭遇率はブルーがダントツな気がするし。

じゃあ、何歳の人が買っているのか?WRX S4が40~50代で約6割、WRX STIが30~40代で約7割となり、40代スバリストが、WRXユーザーの中心だ。S4とSTIを選ぶ層はユーザータイプが違っているとは思うが、WRXの人気は40代スバリストが支えていることは間違いない。また、特にWRX S4は輸入車からの乗換で買っている人も多いとか。まあ、「国産からいつかはガイシャに乗るぞ」なんていう変なヒエラルキー感覚はとっくの昔になくなっているし、その意味では国産も輸入車もなく、ユーザーの評価はフラットかつ厳しくなってきているのも事実。

だとしたら、輸入車乗りからスバリストに変えさせたSUBARU WRXの魅力は大したものである。

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/6160/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS