話題MERCEDES-BENZ

Mercedes-Benz Cクラスを教習車に太田哲也のドライビングレッスン開催される

講師運転の新型Cクラスの助手席を体感できるサーキットタクシー

8/31(日)袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with Mercedes-Benzが開催された。

このスクールは、レーシングドライバーの太田哲也氏が「正しい運転を、楽しく学ぶ」をテーマとし、「injured
ZERO」という標語を掲げ、「当スクールに参加する受講生・関係者について一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標とする」とし、一般ドライバーへの安全運転の啓発を目的として定期的に開催されている。今回は参加者やその家族含め約50名が会場となった袖ヶ浦フォレスト・レースウェイに集まった。

今回のスクールでは、メルセデス・ベンツ日本株式会社の協力により、て7年振りにフルモデルチェンジを遂げた「メルセデス・ベンツCクラス」が登場。サーキットタクシーや体験試乗会などのプログラムを通して、参加者が実際に運転、同乗し「メルセデスの本気」を思う存分体験した。

クラスは初心者向けに先導付きでサーキットを体験走行できる「セィフティ・ベーシックレッスン」と初級~中級者向けの「セィフティ・アドバンスレッスン」、フリー走行に加え、各車一周ずつ白熱したタイムアタック大会「スパタイGP」に参加できる「スポーツ走行会」の3クラスが設置された。

午前中は、太田哲也校長、モータージャーナリストの斎藤慎輔講師による座学が行なわれ、基本的なクルマの動作からドライビングテのクニックまで、各講師ならではの充実した講義が行われ、参加者は熱心に耳を傾けた。ランチタイムには各講師に加え、カーライフ・ジャーナリストのまるも亜希子氏、メルセデス・ベンツ日本株式会社 商品企画・マーケティング部製品広報課マネージャーの嶋田智美氏を交え、Cクラスの秘密を探るトークショーが行われた。

午後からは、サーキットでの走行を行い、その合間には、講師運転のCクラスの助手席に乗れる「サーキットタクシー」、参加者の同伴者・家族向けに、スタッフがドライブするGLクラス、Mクラスに乗りサーキットを体験走行できる「サーキットサファリ」が行なわれ、家族でもサーキット体験を楽しむことができた。

走行の最後には、一周一台ずつのタイムアタック大会「スパタイGP」が行なわれ、参加者同士が凌ぎを削るタイムバトルが行なわれた。

スクールの最後には修了式が行なわれ、スパタイGP表彰式では、ST2000、ST3000、ST5000クラスに加え、フォルクスワーゲン賞、スバル賞、アルファ・アバルト賞が設けられ、豪華景品が授与された。尚、今年度スパタイGP排気量別クラスの年間チャンピオンには、ブリヂストンよりPOTENZA RE-11Aが贈呈される。

次回は、「Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with NISSAN」と題し、新型スカイラインを教習車に迎え、9月23日(祝)に袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて開催される。

詳細は下記にて。

Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局
http://sportsdriving.jp/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新型Cクラスの体験試乗会を開催

新型Cクラスの体験試乗会を開催

スパタイGP アルファ賞

スパタイGP アルファ賞

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/5630/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS