話題DAIHATSU

DAIHATSUコペンが月間目標販売台数の6倍、4,000台を受注

ジョーヌイエロー

ダイハツが、6月19日に発売した新型軽オープンスポーツカー「コペン」の累計受注台数は、発売後1ヶ月(7月18日現在)で、当初700台を見込んでいた月販目標台数の約6倍となる4000台となり、予想をはるかに上回る好評ぶりが伺えた。
「コペン」は先代同様、操る楽しさはそのままに、新骨格構造「D-Frame」や内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用などによって、自分好みの愛車を作るのに長けたクルマだ。

また、TVCMなどマスメディアに働きかけることよりも、独自のサイトでのSNSや個々の販売店への集客による、コミュニティ作りによるブランディング戦略をとった。10〜40代までの若年層が5割を占めるなど、クルマ好きが高齢化しているという常識を打ち破ることに成功したといえよう。

市場も14:20現在で、前日比+8円、+0.45%の伸びを見せるなど、高反応を示している。

「コペン」サイト

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/4956/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS