新車ニュースMITSUBISHI

MITSUBISHI「eKワゴン」「eKカスタム」がマイナーチェンジで燃費30km/Lへ

4788-2

MITSUBISHIのトールワゴンタイプの軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』がマイナーチェンジを行った。全高1550mm以上の軽トールワゴンクラスではトップ1の低燃費30.0km/Lを実現させた。価格は1,080,000円~1,590,840円。
減速時の運動エネルギーを利用して発電し、その電力をニッケル水素電池に蓄えて電装品に供給する「アシストバッテリー」を2WD車に採用することで、クラストップの低燃費30.0km/Lを達成した。(『eKワゴン』の「E」、『eKカスタム』の「T」を除く)
また、CVTの仕様を最適化するとともに、エンジンの吸気ダクト形状を改良することにより、動力性能を向上させた。(『eKカスタム』の「T」を除く)
ボディカラーでは、「レッドメタリック」を全車に、「ショコラブラウンパール(有料色)」を『eKカスタム』に新規設定し、女子受けもバツグン。
従来、ブラック&アイボリー内装の『eKワゴン』には、ブラック内装をメーカーオプション設定とし、こちらは男性の選好を呼びそうだ。(「E」を除く)
そのほか、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を『eKカスタム』にメーカーオプション設定した。(「M」を除く)

「eKワゴン」「eKカスタム」は、昨年6月に発売以来、本年5月末までの累計届出台数は53,567台と好評だ。本年2月には快適・便利・安心をキーワードとしたスーパーハイトワゴンタイプの「eKスペース」を発売し、同じく累計届出台数は12,392台。eKシリーズとしてラインアップを充実させ、軽自動車市場に対して攻めの姿勢を強めているようだ。

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/4475/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS