投資/政治/経済TOYOTA

TOYOTA、米ケンタッキー工場で生産累計1,000万台

10 Millionth Toyota Camry

トヨタの米国ケンタッキー工場で、車両生産累計1000万台を祝う記念式典が開催された。Toyota Motor Manufacturing, Kentucky, Inc. (TMMK)は1986年創業開始で、アバロン、アバロンHV、カムリ、カムリHV、ヴェンザおよびエンジンなど、車両を約50万台/年 (定時)、エンジンを約60万基/年 (定時)生産している。7000人の従業員を擁する巨大事業体だ。

式典会場では、TMMK生産第一号のカムリと、TMMK生産1,000万台目のカムリ、2台が並んだ。TMMKのウィル・ジェームス社長は式典で「この2台のカムリの間には、たくさんの時間が流れ、見た目もずいぶん変わったが、そこに受け継がれるチームワーク、技術、情熱といったDNAは何ら変わっていない」と述べた。

生産累計1,000万台を達成するのは、TMMKが海外事業体としては初めてだ。設立当初から現在までのTMMKの累計投資額は約59億ドルに上る。また、2015年からのES350の生産開始に伴い、生産能力は現在の年間50万台から55万台に増加する予定。

TMMKでは、従業員一人一人が、それぞれの誇りや情熱をもってクルマ作りに携わっている。品質管理を担当する7年目の社員、ジョボンダ・ウィリアムスは「この仕事の醍醐味は、自分が関わったクルマが道路を走っているのを見ること。その光景を見るたびに自分のクルマが走っているように感じる」と語るように。彼女は、「来年にはレクサス生産も加わり、生産累計2,000万台もそう遠くない未来だろう。トヨタの一員であることに誇りを感じている。」と付け加えた。

ものづくりを第一義に考えているトヨタの精神が、海を越えても一貫性をもって支えられているのだと感じた。

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/4219/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS