投資/政治/経済, 話題HONDA

乗り物ジャンルでは初!Hondaのスーパーカブが立体商標登録

c1405008L

Hondaの「スーパーカブ」の形状が特許庁から立体商標として登録されることが決定した。二輪としてはもとより自動車業界としても、乗り物自体の形状が立体商標登録されるのは日本で初めてであり、工業製品全般としても極めて珍しい事例となった。
その歴史は古く、1958年のデビュー。それから50年以上の間、時代に則した機能的な向上を図りつつも、一貫したデザインコンセプトを守り続けた結果として、デザインを見ただけですぐに「あっ!Hondaのスーパーカブだ!」とわかる商品であることが特許庁の審査で認められ、立体商標登録に至った。
スーパーカブの世界生産累計台数は、2014年3月時点で8,700万台以上に達し、現在まで160ヵ国以上で販売され、世界で最も多く生産された二輪自動車だ。

クルマに限らずどのブランドも、一目見ただけで識別が可能になるまで、何十年もの月日がかかる。その間たゆまぬ努力を続けてきたHondaも立派だが、乗り物ジャンルに立体商標登録を与えた特許庁も英断といえるのではないか。なお、日本ではほかに、不二家のペコ・ポコ人形や、KFCのカーネル・サンダース像がある。きっと本田宗一郎氏も今回の登録を喜んでいるに違いない。

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/4214/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS