新車ニュースHONDA

紫外線99%カットやアレルギー対策がうれしいHonda「フリード」MC

フリード Gエアロ (FF)

5月を過ぎる頃から、一年のうちで最も紫外線の強い季節に入っていく。そんな時期にとても嬉しい、紫外線99%カットガラスを装着したHondaのフリードがMC(マイナーチェンジ)を行い、4月17日に発売となった。福祉車両もマイナーモデルチェンジし、同日に発売する。
今回のマイナーモデルチェンジにより、スーパーUVカット・フロントドアガラス(全グレード)や、アレルクリーンシート、シャープ製のプラズマクラスター技術を搭載したフルオート・エアコンディショナー(Gを除く)などの快適装備を追加。今年は例年より少なかったとはいえ、花粉症の人、アレルギーのある人に、車内でこの装備は嬉しい限りだ。

ほかにもフロントグリルとフロントバンパーガーニッシュのデザインを変更、リアコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更、フリード、フリード ハイブリッドにプレミアムディープロッソ・パールのボディーカラーを新設定、フリード スパイク、フリード スパイク ハイブリッドにグラマラスモーブ・パールのボディーカラーを新設定、 フリード、フリード ハイブリッドに、シートとドアライニング、インパネ加飾を明るいシナモンカラーにコーディネートしたインテリアをタイプ別に新設定、ハイブリッドモデルのフルホイールキャップを2トーンカラーのレイヤードフィンタイプに変更するなど、より気に入ったフリードが選べる仕組みだ。

価格は、6人あるいは7人乗りの「フリード」が1,746,000〜2,365,000円まで10グレード、「フリード・ハイブリッド」が2,210,000〜2,392,400円まで3グレード、5人乗りの「フリードスパイク」が1,746,000〜2,352,600円まで6グレード、「フリードスパイク・ハイブリッド」が2,210,000円と2,380,000円の2グレードを用意している。フリードシリーズは、消費税8%込みの価格となっている。

また、福祉車両の方は、2,152,000〜2,614,000円で9グレードがあり、こちらには消費税がかからない。なお、国内の月間販売計画台数は5,000台という。

am_fr14040001L

コバルトブルー・パール

コバルトブルー・パール

フリード Gエアロ (FF)

フリード Gエアロ (FF)

車いす仕様車

車いす仕様車

助手席リフトアップシート車

助手席リフトアップシート車

am_fr14040007Lam_fr14040006L

スーパーUVカット・フロントドアガラス

スーパーUVカット・フロントドアガラス

プラズマクラスター技術搭載 フルオート・エアコンディショナー

プラズマクラスター技術搭載 フルオート・エアコンディショナー

フリード スパイク ハイブリッド・ジャストセレクション (FF)

フリード スパイク ハイブリッド・ジャストセレクション (FF)

グラマラスモーブ・パール

グラマラスモーブ・パール

広い荷室空間が人気

広い荷室空間が人気

am_fs14040004Lam_fs14040005L

 


トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/3814/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS