話題HONDA

Hondaの燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」がさいたま、神奈川、大阪で走る!

am_fc1403001H

Hondaの燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」は、一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる、最大出力9kWの外部給電機能を装備している。先日も、北九州市で「FCXクラリティ」から公共施設へ非常用電力を供給する実験を開始するなど、災害に備えた活動が注目されている。今回、このFCXクラリティが、新たにさいたま市、神奈川県、大阪府に順次納車されることとなった。
各自治体での公用車として使用されることに加えて、外部給電機能を活かした災害時の電力供給対応の検証やイベントでの運用を通じて、外部給電機能を含めた燃料電池電気自動車の使い勝手、活用方法に関する各種データが、各自治体からHondaにフィードバックされる。Hondaではこのデータをもとに、燃料電池電気自動車の活用方法を検証し、量産化と普及に向けた研究開発に活かしていきたいということだ。
Hondaは、かねてより化石燃料の代替、排出ガスの削減、地球温暖化への影響の低減という観点から、燃料電池を将来の究極のクリーンパワーととらえ、積極的に開発を行っている。非常時に有用な外部給電機能という新たな価値を備えた燃料電池電気自動車の普及と、クリーンで持続的な水素社会の実現に取り組んでいく。もちろん、今の段階ではコストが膨大にかかってしまうので、一般への普及がすぐに行われるわけではない。だが、化石燃料代替車という選択肢の増加は、Hondaの努力によって、着実に現実味を帯びていくということも事実なのだ。

am_fc1403003H

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/3421/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS