新車ニュースNISSAN

日産ティアナがフルモデルチェンジ

att_04

日産自動車はプレミアムセダン、ティアナのフルモデルチェンジを1月20日発表し、2月5日より販売を開始する。

3代目のティアナは日本をはじめ、アメリカ、中国を中心に世界120カ国以上、年間60万台以上を販売するグローバル戦略車。初代の「モダンリビング」、2代目の「おもてなし」のコンセプトに加えて、3代目は高い走行性能にこだわり余裕ある走りと快適性を両立させた。

att_02 att_01

全長が4880mm、全幅1830mmという堂々としたボディは走りを感じさせる躍動感あるデザインを採用。立体的なフロントフェンダーからリアへ流れるキャラクターラインが特徴。さらに存在感のあるフロントグリルと鋭い眼光を感じさせる形状のヘッドランプを組み合わせることで、引き締まったエクステリアデザインにより優れた空力性能を実現している。いわゆるこれまでの、セダンとは一線を画したデザインといえる。

att_03 L33-131225-41

インテリアは2代目のコンセプト「おもてなし」を継承しシートには無重力状態での人の姿勢を参考に開発した「スパイナルサポート機能付シート」を採用。さらに助手席にはふくらはぎを支える範囲を拡大させたオットマンを採用している。

エンジンは先代でも使用されていたQR25エンジンを大幅に改良し、エコカー減税にも適合させた。ギア比を拡大させたエクストロニックCVTと組み合わせることで、優れた加速性能とJC08モード燃費14.0km/Lという燃費性能を両立させている。

L33-131225-33

また、走行性能向上のため、リアサスペンションに世界初のコネクトブッシュを採用した新開発のマルチリンクサスを搭載。アクティブトレースコントロールとの相乗効果で思い通りのコーナリングが楽しめる。さらに、運転支援システムは移動物検知機能の付いたアラウンドビューモニターをはじめ、車線逸脱警報、後側方車両検知警報なども設定し、さらにドライバーの負担軽減を目指した。

新型ティアナはXV、XL、XEの3グレードを用意し、すべてFF車だ。ボディカラーは鮮やかなラディアントレッドをはじめ全6色。新車価格は242万9700〜304万5000円と同じクラスのライバル車と比べると非常にリーズナブルな価格設定となっている。

詳しくはこちら http://www2.nissan.co.jp/TEANA/

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/2231/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS