ライフスタイル

キャセイパシフィックのマイルが貯めやすく




マイレージ加算が増え、更新条件も緩和

キャセイパシフィック航空のマルコポーロクラブ冬休みに海外へ行く計画を立てている人に朗報だ。キャセイパシフィック航空での旅がよりお得に、快適になりそうな話題を二つお伝えしよう。一つ目は、マイレージ加算が従来よりも貯めやすくなるということ。2017年12月8日より、全飛行距離ゾーンの特定運賃クラスで、キャセイパシフィックおよびキャセイドラゴン航空の便を利用する全てのマルコポーロクラブ会員を対象に、従来よりも多くのクラブ・ポイントが提供される。
詳細は下記のURLで確認してほしいが、距離によって従来よりも5~20クラブ・ポイントの増加が見込めそうだ。
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/frequent-flyers/about-the-club/club-news.html

また、グリーン会員の更新に必要となる年間獲得クラブ・ポイント数を、これまでの100ポイントから20ポイントへと引き下げる。これによりグリーン会員のメンバーシップ更新が容易になり、会員限定の特典を継続して楽しめるようになるというわけだ。仕事の利用などで頻度が高い人にとってはあまり関係がないかもしれないが、観光などでそうしばしば利用するわけではないという人にとっては、とても嬉しいし、どうせならキャセイパシフィックを利用するというモチベーションにつながるはずだ。
キャセイパシフィックそして二つ目は、搭乗前にたくさんの電子書籍がダウンロードできるようになったこと。PressReader(プレスリーダー)と提携し、すべての利用客を対象に7,000タイトル以上の新聞・雑誌の提供を開始した。
キャセイパシフィックでは、旅行情報やフライト予約、そしてチェックインといった機能を自社のモバイルアプリで提供しているが、これらに加えて利用客はモバイルアプリからフライト出発予定時刻の48時間前からPressReaderにアクセスできるようになった。これによってユーザーは、気に入った出版物を一冊まるごと、しかもタイトル数の制限なく自身のスマートフォンやタブレットに無料でダウンロードし、機内で楽しむことができるという仕組み。
7,000タイトル以上の出版物を有するPressReaderでは、ビジネストラベラー、ヴォーグ、GQといった旅行・ライフスタイル関連の定期刊行物や、ザ・ワシントンポスト、ザ・ガーディアン、ロサンゼルスタイムズといった有力紙の発行当日版はもちろん、香港および中国本土で発行されている300タイトル以上の新聞・雑誌、さらにキャセイパシフィックとキャセイドラゴンの機内誌であるディスカバリー、シルクロードなど、膨大なセレクションを取り揃えている。出発までに押さえておきたいポイントだ。












注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/17126/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS