トップギア・ジャパン, 話題

日本発のドリフトで世界に羽ばたけ!FIA Intercontinental Drifting Cupが参加選手の公募開始




FIA Intercontinental Drifting CupがWEBで参加選手の公募を開始

Printドリフト好きの人なら、ついにドリフトがFIAによって開催されることをご存知だろう。1980 年代に日本の峠で始まり今や世界中の若者を熱狂させてきたドリフト。2017 年に来て、FIA はドリフトの世界統一レギュレーションを設定し、史上初となるドリフト世界一決定戦「FIA Intercontinental Drifting Cup」を 2017 年 9 月 30 日、10 月 1 日に東京、お台場で開催することを決定した。

エントリーは公式WEBサイトから応募することができる。
FIA IDC 公式サイト : www.fiadriftingcup.com

エントリーの締め切りは7月31日 18:00。その後、 選考委員会が申請書を審査し、 イベントのエントリーリストを公開するという段取りだ。

FIA Intercontinental Drifting Cup の開催にあたっては、 2016 年 7 月よりプロモーターを公募し、大会・競技の運営や今後ドリフト発展への貢献を踏まえ 2001 年からドリフト競技を主催してきた株式会社サンプロスを指名した。日本で生まれたドリフト文化は FIA Intercontinental Drifting Cup を経て世界に向けて発信される。

FIA 会長のジャン・トッド氏は FIA Intercontinental Drifting Cup について「ドリフト競技は FIA が新たに始めるとても重要なカテゴリーです。モータースポーツを世界中で発展させるにあたってドリフトは多くの若者にむけて素晴らしいアピールとなり、今後更に大きなカテゴリーに成長することが期待されます。FIA Intercontinental Drifting Cup を始める目的は、このモータースポーツを
初心者からプロフェッショナルまでグローバルに展開させ続ける統一された新たな基準を築き上げることです。」とコメント。

また FIA に任命されたサンプロス代表取締役の齋田功氏は「日本発のモータースポーツの世界大会を、発祥の地で開催できることを誇りに思うと同時に、今後のドリフト競技への普及の礎を築きたい」と大会への意気込みを述べている。サンプロスでは、トップギアのDVDシリーズの販売も行われており、国内外を問わず、面白い自動車文化を発信し続けている存在だ。

長年の努力が実って、ようやくFIA公認競技となった日本発のドリフト文化が、ここにきて新たな盛り上がりを見せそうだ。






注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/16697/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS