話題

キャセイパシフィック航空、台北経由の成田-香港便が1日2便に

成田-香港便が1日2便になったキャセイパシフィック航空

成田-香港便が1日2便になったキャセイパシフィック航空




成田-香港がより便利に

ビジネスで、アジアへの出張が多いという人も多いだろう。そんな人に、朗報だ。

キャセイパシフィックは、現在毎日1便体制で運航している東京(成田国際空港)-台北-香港線を、2017年10月29日より毎日2便に増便する。増便となるフライトは、成田国際空港を午前発、復路の到着が夜と、現在運航しているCX451便 / CX450便と合わせて、台北、香港行きのお客様により多くのフライト選択肢と高い利便性が提供される。今回の増便により、成田 / 香港線は毎日6便体制となり、うち2便が台北経由便となる。
使用機材は、エアバスA330-300型機(ビジネスクラス 24席、エコノミークラス 293席、総座席数 317席)の予定だ。

キャセイパシフィックグループは、東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌、那覇の日本6都市7空港と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便を含む)のルート最多便数を運航している。「心からのおもてなし」をモットーに、英スカイトラックス社による「ワールド・エアライン・アワード」では最多受賞記録となる過去通算4回の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝く。
キャセイパシフィック 東京旅客営業支店 支店長 兼 東日本統括の重村長門は、「キャセイパシフィックは今回初めて、東京-台北間を毎日2便運航することになります。香港と台湾は日本人観光客にとって非常に人気の高いデスティネーションであり、増便でお客様により多くのフライト選択肢をご提供できることを嬉しく思うとともに、日本の海外旅行市場の成長に一層貢献してまいります。」と述べている。

運航スケジュールは下記で確認しよう。

www.cathaypacific.co.jp 





注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/16691/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS