新車ニュースASTON MARTIN

アストンマーティン「V」の系譜を引き継いだヴァルキリー

アストンマーティン ヴァルキリー

アストンマーティン ヴァルキリー



甘美な北欧神話を背景にF1のチーム体制で臨むヴァルキリー

アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズが共同開発し、AM-RB  001 のコードネームで知られる革命的なハイパーカーの正式名称が、アストンマーティン Valkyrie(ヴァルキリー)に決定した。

ヴァルキリーの名称は、アストンマーティン「V」カーの系譜を継いでいる。頭文字が V の車名は、1951 年の Vantage(ヴァンテージ) から始まる。この名称は、当時生産されていた DB2 とハイパフォーマンス派生モデルを区別するために採用された。初代 ヴァンテージの最高出力は、標準仕様の 105bhp から 125bhp に引き上げられた。ボディサイドに Vantage 専用バッジが装着されたのは、DB5 からである。

以来、2005 年まで、ヴァンテージはモデルラインの中でもっともポテンシャルの高いモデルに使用されていた。2005 年には、独立したモデル名として使われるようになり、今日までの 12 年間に V8 および V12 エンジンを搭載したラインナップが完成、アストンマーティン史上もっとも成功したモデルシリーズに位置づけられている。

Virage(ヴィラージュ)、Vanquish(ヴァンキッシュ)、そしてアストンマーティン Vulcan(ヴァルカン:火の神の名前)が、由緒ある「V」カーの系譜を今に伝える。初代 Vantage ヴァンテージの登場からほぼ 70 年が経過、ヴァルキリーが、これまで特別なモデルだけに許されてきた伝統を受け継ぎ、さらなる高みへと導いていくのだ。北欧神話でヴァルキリー(またはワルキューレ:古代ノルド語の“戦死者を選ぶ者”の訳語)は、戦場において生き残る者と死にゆく者を定める女性的存在として知られている。ワルキューレは、戦死者の半分を、神の支配者オーディンによって統治される死後の世界、ヴァルハラへと連れて行くという、なんとも甘美な物語が背景にある。

ヴァルキリーの心臓部たるエンジンには、伝説のエンジンビルダー、コスワースに白羽の矢が立てられた。F1をはじめとするモータースポーツでその名を知られ、量産用ハイパフォーマンス・エンジンの製作でも長い経験を持つこの英国企業は、ヴァルキリー専用の高回転型6.5リッター自然吸気V12エンジンの設計と製作を担当する。

コスワース製オールニュー・ユニットと組み合わされるのは、同じく専用設計の7速パドルシフト・トランスミッションだ。リカルドがレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズの仕様に合わせて設計開発したギアボックスは、コスワースV12にとって理想的なパートナーとなっている。ギリギリまで贅肉を削り落として最高レベルの効率を追求する究極のハイパーカーを製作するという信念、そしてレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズの綿密なシミュレーションの下、リカルドはニューウェイ独自の妥協なき世界観を具体化するための高度なエンジニアリング・ソリューションを提供するのである。

ヴァルキリーのV12エンジンは、公道走行可能な究極の内燃機関だ。アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは、これだけでは満足せず、リマック製ハイブリッド・バッテリー・システムを採用した。クロアチアに本拠を置く同社は、ハイパフォーマンス・バッテリーの世界的リーダーであり、世界初(同時に世界最速)の電気自動車ハイパーカー、コンセプト-ワンにおいて、自らの実力と可能性を証明した。

究極の軽量化を追求するヴァルキリーには、カーボンファイバー・モノセルが採用される。このセルの製作担当は、One-77、アストンマーティンヴァルカンなどのプロジェクトでもテクノロジーパートナーを務めたマルチマティックである。同社の経験とレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズがF1世界選手権で得た設計・製作の知識が相まって、究極のボディセルが生み出される。

1:1の驚異的なパワーウェイトレシオを標榜するヴァルキリーには、パワートレーンの能力を超えるブレーキング・システムが必要となっている。アルコンとサーフェス・トランスフォームズの2社が強力なタッグを組み、軽量ハイパフォーマンス・キャリパーとカーボンディスクを供給、圧倒的なストッピングパワーを生み出す。

さらに、効率、パフォーマンス、ダイナミック・コントロールのすべてにおいて最高峰を追求するため、専用エンジン・コントロール・ユニット(ECU)、トラクション・コントロール・ユニット(TCU)、エレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)システムの開発には、エレクトロニクス分野における高い専門知識を持つボッシュが指名された。また、ヴァルキリーのフルLEDヘッドランプ/テールランプは、英国のライトメーカー、ワイパックが供給する。

アストンマーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは次のように説明している。「アストンマーティンの車名には、深い意味が込められています。まず、刺激的でワクワクする響きを持っていなければなりません。車名そのものがストーリーを語り、104 年の歴史とヘリテージを垣間見せなければなりません。アストンマーティン ヴァルキリーは、非常に特別なクルマのため、特別な名称がふさわしいと考えています。アストンマーティンが持てるすべての叡智を傾けて製作する、一切の妥協がないクルマです。力と誇りを連想させ、神に選ばれたことを連想させる名称は、示唆に富んでおり、ごくわずかな幸運な方だけが経験できるクルマにふさわしいものです。」





注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/16175/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS