ドリキン・土屋圭市, 話題HONDA, MERCEDES-BENZ, VOLVO

土屋圭市の“東京モーターショーで俺の気になるクルマ”④   ホンダ/メルセデス・ベンツ/ボルボトラック編

DPP_022

西館にあるホンダブース。まずはNSXでしょう。平日にも関わらず多くの人が集まっているのを見ると、やっぱりNSXに対しての期待は大きいんだなと感じるな。でもこのNSXには先代の流れがまったくない。新しいモデルだよね。

俺の中では期待値は今のところ五分五分。きれいだしカッコいいし、NSXという名前が付いているから運動性能もいいだろうという思いがある。その一方で「今度のNSXはアメリカ車じゃないの?」という思いもある。だからこそどんな乗り味か、気になるよ。

NSXは新しくなっても作り手の顔が見えるクルマであってほしい。果たしてそのあたりがどうか、早く乗って確認したいね。

NSX1 NSX2 NSX3 NSX4

ダイハツコペンと同じぐらい話題沸騰のホンダS660を紹介しようと思ったけど、すごい人じゃん。全然クルマのそばに近寄れないよ。遠くからだとクルマが全然見えない。

DPP_024

S660を見たい人は、時間に余裕を持ってブースに来ないとダメだね。今回、俺は実車を確認できなかったけれど、これだけの人が注目しているってことは日本中の期待が高まっている証と言えるんじゃないかな。

S6601 S6602 S6603 S6604

続いて、メルセデス・ベンツブース。世界初公開の1台、Sクラスクーペもデザインがすごいキレイだよね。アウディが光を上手に取り入れているとしたら、Sクラスは影を巧みに操っているという雰囲気のデザイン。シンプルな中にアンダーとハイライトをキレイに出して抑揚をつけている。

すっきりしたデザインなのに、細かいところまでとことんこだわっているのが伝わってくる。マフラーのラインなど、会場では細部に注目してほしいな。メルセデスは高級車を知り尽くしているね。

 DPP_020

そして商用車部門のイチオシがコレ! ボルボのトラック!!

DPP_019

見てよ、この大きさ。4階建てって感じがするでしょう(笑)。ドアだけで俺の身長よりデカイんだから。こういうクルマを見られるのは、モーターショーならではだよね。UDのトラックもカッコいいよ。グリルで身長が測れる(笑)。

やっぱ男ってデッカイものには理屈抜きで惹かれるところがあるじゃない。運転席に座るために小さな子がたくさん並んでいたのも微笑ましかったね。スポーツカーも人気だけど、働くクルマの子供の人気はハンパないね。

DPP_017

数合わせに市販車をブースに並べるのはもう少し考えてほしい!

今回のモ−ターショー、俺たちは比較的ゆっくりブースを回って、2時間くらいだったかな。思ったよりも早く見終わった感じがある。なんでだろうって考えた時に、その答えの一つが市販車の数が多かったからだと思う。

モーターショーっていうのは本来もっと夢があるべきだよね。未来を予想させるコンセプトカーがたくさんあったり、普段見ることができない世界中のクルマがたくさんあったり。会場に行くだけでワクワクするものであってほしいと思う。アメリカのビッグ3をはじめフェラーリ、ランボルギーニもなかったしね。世界5大モーターショーとしてはちょっと寂しいな。

もちろん市販車が一堂に見られて喜ぶ人もいるけれど、俺は市販車を見るだけならショールームに行けばいいやって思っちゃうんだよね。クルマ文化は成熟しているから夢のあるものは出しにくくなったと言う人もいるけれど、俺は違うと思う。

たとえば音楽。人間は太古の昔から音楽と関わってきているけれど、今でも「こんな素晴らしい曲があるんだ」というものが生まれてくる。クルマもそうあるべきだ。

そんな中でも期待したくなるものに出会うこともできた。それが今回紹介したモデルだ。IDxに対して厳しいことを言ったけれど、S13、S14、S15の正常進化として出てくるなら世界で受け入れられるだろう。今はまだどうなるかわからないから、今後に期待したいね。

レクサスはデザインがよくなっているのに驚いた。RCは走りにも期待が高まるよ。それぞれモーターショーに期待するものがあるはず。開催最後の週末は大混雑が予想されるけれど、みんな存分に楽しんでほしいね。あと、もう少し家族連れや子供達でも見やすい展示方法を考えてほしい。将来のクルマオーナーになるのは彼らなのだから。(取材:高橋 満)

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/1609/trackback

土屋圭市の“東京モーターショーで俺の気になるクルマ”④   ホンダ/メルセデス・ベンツ/ボルボトラック編」へのコメント

  1. 『Auto critiQue』編集部2013年12月7日 9:59 AM

    鋸山を貸し切って、自分のAE86でイギリスchannerl4の撮影をしたという土屋圭市さん。さすが、グローバルに活躍してますね。海外メディアから大人気です。すごく見たくなるけれど、残念ながら日本では見られそうにありません。
    http://www.k1planning.com/info/media/post-140.html

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS