話題

表と裏が楽しめるハミルトン ジャズマスター フェイス2フェイス

ジャズマスター フェイス2フェイスII

ジャズマスター フェイス2フェイスII




乗り物好きにアピールするハミルトン

h32866781-jazzmaster-face-2-face-ii-sketch_mid_14434クルマ好きの人達には時計にも拘りを持つという人が多い。スマホでいいじゃん、と言う声もあるようだが、歴史の備わった芸術品をいつも腕につけているという心地よさも捨てがたいものである。

今回はハミルトンのジャズマスターフェイス2フェイスⅡを紹介したい。2013年、回転式ケースで表と裏の2つの顔を見せる斬新な機構で話題を集めたモデルの新バージョンは、12月から世界限定1999本、税込506,520円で販売されている。

ジャズマスター フェイス2フェイスII

ジャズマスター フェイス2フェイスII

存在感のある53x44mmのオーバル型回転ケースには、シャイニーなシルバーグレーのダイヤルとスモーキーなサブダイヤルが立体的なコントラストを奏でる。一部シースルーになったダイヤルから、アンスラサイトの絶妙なカラーコントラストと、ムーブメントの技巧的な美しさを堪能できるデュアルウォッチだ。

1892年鉄道時代のアメリカのペンシルベニア州ランカスターに創立されたハミルトンは正確で耐久性に優れていたため、鉄道公式時計の称号を獲得していた。その後は二度の対戦にわたって陸海空全てのフィールドでアメリカ軍に時計を納入していた戦後1950年代以降は世界初の電池式時計ベンチュラ世界初のled式デジタル時計パルサーなど画期的な機構で話題を集め続けている。2000年代に入るとスイスETA社との共同開発により本格パイロットウォッチの開発も進められている。

www.hamiltonwatch.com/ja




注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15820/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS