新車ニュースLEXUS

レクサス、新型LSもGA-Lプラットフォームを採用

2017年1月に発表される、レクサスの新型セダン、LS

2017年1月に発表される、レクサスの新型セダン、LS




レクサス誕生の礎、LSが進化

レクサスは、米国・デトロイトで1月8日(日)~1月22日(日)に開催される2017年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、新型LSを世界初公開する。

今回出展する新型LSは、2017年春発売予定の新型ラグジュアリークーペLCに続き、新GA-Lプラットフォームを採用。セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立させているほか、LEXUSのフラッグシップにふさわしい先見的なテクノロジーの数々を採用している。

LSはレクサスブランド最初のモデルとして1989年にデビューし、低燃費でありながらパワフルな走り、モダンな内外装と優れた快適性、高い加速性能と圧倒的な静粛性など、相反する要素を両立した「二律双生」を実現。高級車の常識を覆すエポックメイキングなモデルとして、ブランドの礎を築いてきた。

この画像だけではデザインの詳細まではわからないが、主張あるスピンドルグリルで戦闘力を表現しながらも、バランスのとれた美しいプロポーションに仕上がっていそうだ。


注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15772/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS