ドリキン・土屋圭市, 話題AUDI, NISSAN

土屋圭市の“東京モーターショーで俺の気になるクルマ”①   日産/アウディ編

DPP_003

日産はやっぱりGT-R NISMO。S/RSモデルが並ぶアウディブースは必見!

オートサロンは必ず行くけど、モーターショーに来るのってホント久しぶり。しかも今回、この取材は一般公開日に行っているんだ。プレスデーとは違って一般のお客さんたちがどれくらいモーターショーに足を運んでくれているのかがわかるからいいね。開門前には長い行列ができるほどみんな楽しみに来てくれているだからすごいことだよね。

すでに各メディアで出展車に関する情報は紹介されているから、ここでは今回のモーターショーの出展車の中から、俺が気になったクルマ、乗りたいと思うクルマだけの話をしていきたい。

まず、何と言っても外せないのは日産GT-R NISMO。俺がGT-R NISMOに期待するもの。それはメルセデスのAMGやBMWのMのように、完成度を高めつつ、振り切れた走りができるかどうかかな。GT-R NISMOの1500万円っていう価格は全然OKだよ高くない。ただし、それだけのものがあるならね。標準車とは別次元の速さであったり乗り味であったり、そこが明確に表現されているかどうかが非常に大事。でも期待値は自然と高くなるよ。

GT-R NISMOのパワーは600馬力。これはこれでアリだけど、700馬力で1800万円とかでもいいんじゃないかって。やっぱりワークスの仕事らしくエアロはきれいだし品もある。空力を磨いていくときれいなデザインになるものだから。開発担当者が代わればクルマも変わるし、社長が変われば会社が変わる。GT-Rも水野さんから田村さんになってどう変わったか。そこを乗って確かめたいね。

GT-R1 GT-R2

東京モーターショーのプレスデーで発表したIDx。「FRクーペの隠し玉」と大騒ぎになっているみたいだね。でもさ、現時点で言うならば86のほうが全然いい。510ブルーバードという日産の名車をオマージュしたデザインだというのはわかるよ。もし本当にこのまま出るとしたら、俺は乗りたいと思わないな。

ひとつのモデルが脈々と続き、過去を継承してきてこのデザインが生まれたとしたらそれは称賛に値するけれど、「人気があるから510ブルーバードを意識しました」というなら、それはパクリと同じ。空白の時間は何も埋まらないよね。シルビア以降、コンパクトFR車が途絶えているだけに復活してくれると嬉しいけどね。

DPP_002IDX1

今回のモーターショーでぜひ立ち寄ってほしいと思っているのがアウディブース。現在のアウディのラインナップは本当にカッコいい! 「クルマ、とくに高級車はこうあるべき!」という姿を存分に味わえるよ。

中でも俺が最もいいなと思っているのはRS6だ。都内で乗ることを考えるとちょっと大きいけれど、友だちが乗っていたら「いいな、ちょっと貸してよ」って言っちゃうよ。自分で乗るとしたら取り回しを考えてRS4を選んじゃうと思うけれど。ワゴンはある程度サイズ大きく、ルーフが長いほうが形がきれいになる。その中でアウディは押しつけがましくないデザインの中に品があって、でもしっかり主張を感じることができるんだ。

DPP_006 DPP_004

顔も美人。本当にいいオンナだよね。遠くから見ていいオンナ。近づいてみると自分の期待はやっぱり間違っていなかったって感じることができる。きれい、そして精巧。いいオンナは下着にもこだわる。そんな雰囲気をもっている。

もうひとつのポイントはRS6もRS4も一貫したベクトルで同じつくりをしていること。だから4から6に乗り替えても違和感がないんだ。これはメルセデスなども共通していること。オーナーを不安にさせないんだよね。ブランドとしての芯と過去から現在に流れる時間としての芯がしっかりしているからこそできること。

インテリアがまたきれいなんだよね。インパネ周りのデザインがいいのはもちろんなんだけれど、ちょっとしたスイッチひとつにも徹底的にこだわっている。安っぽい作りがどこにもないんだ。仕上げががとても高いレベルだね。

DPP_005 DPP_007

ライトのちょっとしたラインでも妥協せずに高級感を演出することを考えている。普通は気付かないようなちょっとしたところにも手を加えることで、全体の高級感を演出しているんだね。それが今のアウディの凄さじゃないかな。

キャリパーもローターもいいよね。クルマは足元が決まらないと一気にカッコ悪くなるから。どれだけカッコいい洋服を着ても、ソックスがダサいと一気にしらけるのと同じ。RS4もRS6も見てみる価値はあるよ。近いうちにこれらをサーキットで走らせて味わってみたいクルマだね。(取材:高橋 満)

その2に続く

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/1574/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS