トップギア・ジャパン, 試乗記FORD

日本から撤退するフォード、SUVのクーガの魅力を再検証

フォード クーガ

フォード クーガ




アジリティに優れたコンパクトSUV

いよいよフォードが年末をもって日本から完全に撤退してしまう。日本でのフォードの歴史は戦前から続くだけに、とても残念なことである。

ご存知のことだと思うが、トップギアのイヤーカーを受賞したフォードRSをはじめ、欧州では評価がとても高い。このクーガも開発・生産は欧州フォードということで、欧州、アフリカやアジアの一部で販売されたコンパクトSUVである。いわゆるアメ車というよりも、ヨーロピアンな雰囲気が漂っている。取り回しもよく、日本にもジャストサイズとなっているクロスオーバーSUV の魅力に、レーシングドライバー・松田秀士が迫った。

フォード クーガ

走りはじめてすぐに感じるのが直進性の高さ。高速域での直進性がしっかりしたモデルは数多い。しかし、低速域からピシッと決まったステアリングの座りを出しているモデルはじつは少ない。レースをやっていて安心できるマシンは、まずこの直進性がしっかりしていることが前提だ。
クーガはその基本ともいえるスタビリティを速度にかかわらずキチンと押さえている。これが、SUV の醍醐味ともいえるどっしりとした重厚感にもつながるわけだ。この重厚感を出すにはこれまで重量があることが必須だった。重量はレーシングカーでいえばダウンフォースにつながる。レーシングカーはウイングなどのエアロダイナミクスでダウンフォースを発生させるが、ロードカーしかも背の高い SUV でエアロダウンフォースを発生させるのはかなりきびしい。だから重量が必要だったのだ。しかし、本当に重量で達成しようとすると燃費が悪化する。そして曲がる/止まるという基本性能も落ちる。そこで、軽量化を図りあくまでも「感」で重量を感じさせるハンドリングがポイントとなってくる。

フォード クーガフォード クーガ
クーガは速度の高低にかかわらず、ステアリングのニュートラル域がピシッと決まっていて、流行りのレーンキープアシストなど必要ないほど。
それでいて、コーナーリングでは軽快さを出すことを忘れていない。ステアリングから伝わるしっかりとした直進安定感は、コーナーへのアプローチでの安心感につながる。そしてステアリングを切り込むとスポーティーな応答性でコーナーにスッとノーズを向ける。そこからは適度な、しかし深すぎないロールをともない、しっかりと接地感を伝えながらコーナーリングを始める。SUV なのにコーナーリングが楽しい。今回改めて試乗した 2L のエコブーストエンジンを搭載したモデルは加速性能も俊敏で、煩雑な市街地や首都高でも積極的で安心感も高い。エコでまったりとした加速性能では危険から抜け出せないことがあるのだ。

フォード クーガフォード クーガ
一方、1.5L エコブーストエンジンは 3 気筒エンジンながら振動感も小さく、極低速域からターボによるアシストが働くので市街地走行でも十分なトルクが発生して、走りに不満は感じられなかった。両モデルともに6 速 AT だが、エコブーストエンジンなら排気量は小さくてもフォローするトルクバンドが広いので、今や流行とも言える多段化の必要性は感じられない。そもそも多段化は重量増にもつながるだけになおさらだ。
アイドリングストップを装備して 1.5 Lの JC08 モード燃費は 12.7 km/L。そして、2.0L はパワフルそのもの。別の機会にワインディングそしてダートまでさまざまなシチュエーションでまる 1 日かけて走った。

フォード クーガに乗る松田秀士

フォード クーガに乗る松田秀士

キャビンの静粛性が高く、そして余裕のパワーで高速走行がまったく苦にならない。しかも AWD のコントロールがとても賢く、ダート走行でも安定したトラクションによって安心してドライブができた。素晴らしいSUV だ。残念なことにもうすぐフォードは日本から撤退する。

各部の作り込みはしっかりとなされていて、プレミアム SUV 的な造りのよさに注目だ。インパネの独創的なデザインは、走りへの期待感を高めてくれるし、良好な前方視界も確保されている。また内装で一番感心したのが、シートの出来。ただゆったりとしているだけでなく、前後ともに程良いクッションで気持ちよくドライブすることができるし、長いこと座っていても疲れは少なく、快適だった。ルーフに目をやれば、大きな開口部が自慢のデュアルパネルサンルーフが装着され、最高の開放感を楽しむことができる。そしてワゴン的にも使えるのが SUV の魅力のひとつ。容量がたっぷりなのはもちろん、手が荷物などでふさがっていても、キーさえ持っていれば足をバンパー下に差し込むだけで開けることができるほか、ハンズフリー・パワーテールゲートも用意されているという使い勝手のよさが魅力。

現在、クーガを手に入れようと思ったら、中古車で探すしかないが、いつかまた日本でもフォードファンの期待に応えてほしい。




注目記事





 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15688/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS