トップギア・ジャパン, ドリキン・土屋圭市, 話題ASTON MARTIN

英国EU離脱記念の旅はDB11から 雑誌「トップギア・ジャパン005」




英国EU離脱=ブレグジット記念、ロード+宇宙トリップ

イギリス発の自動車TV番組「トップギア」の日本語雑誌版トップギア・ジャパンの005号目が発売された。

トップギア・ジャパン005

トップギア・ジャパン005

005号では、トップギアの本拠地である英国が、EUから離脱を決定したのを決定し、EUの15カ国を、クールなクルマで訪問し、クルマを通じた外交を行ってくるという。特集の巻頭は、日本でも発表されて間もない新型DBシリーズのアストンマーティンDB11。オランダ、ルクセンブルグ、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、クロアチア、ハンガリー、ルーマニアなどトータルで4100kmのヨーロッパ横断ストーリーだ。イギリスが世界最高のクルマ作りをしていることを見せて、親交を深めるのが狙いだ。最も、イギリスの自動車メーカーはブランドこそ残っているが、資本、株主構成は外国勢ばかりではあるが…

また、今から113年前にメルセデス・ベンツはアイルランドで行われたゴードンベネットカップで優勝した。アイルランドの同じコースを2016年のメルセデスAMG C63で走ってみるという企画、アルファロメオ ディスコヴォランテでイタリア、トヨタ ハイラックスでナミビア、日産GT-R NISMOでアイスランド、そして、宇宙旅行のヴァージン・ギャラクティックへの取材で米国に赴いている。

土屋圭市,トップギアジャパン005

巻頭のドライビングページでは、スバル インプレッサ、ルノー トゥインゴ、ジャガー F-Pace、日産セレナ、ダイハツ ムーヴキャンバスと、日本試乗のクルマも多数紹介する。ドリキン・土屋圭市氏には、今や希少価値となったFRのMT車をサーキットで試乗した。スバル BRZと日産フェアレディZ NISMOの2台だ。

そのほか、テスラ モデルX、ポルシェ911R、マクラーレン、ランボルギーニ、フェラーリの3000万円超スパイダー対決など、見どころもいっぱい。

なお、前の司会者3人組での最終回が収まっているDVD、トップギア シリーズ22もおすすめ。8時間オーバーの大作となっている。こちらも売れ行き好評だ。http://www.v-opt.co.jp

<トップギア・ジャパン005 あなたのめんどくさがり度別入手方法>

めんどくさがり度が低い順番で並べています。タイプに合わせてお選びください。

①本屋が近くにあるぜ~→本屋さんへGO!

②ぶっちゃけ本屋に行くのはめんどい。ネットで買いたい

②-1 Amazon派のあなた→トップギア・ジャパン005

(004号)トップギア・ジャパン004

(003号)トップ・ギアジャパン 003

(002号) トップギア・ジャパン002

(001号) Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン001

②-2 三栄書房の公式サイト、SAN-EI ONLINEから買いたい→http://www.sun-a.com

(005号)http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9234

(004号)http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9121

(003号)http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9028

(002号) http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8952

(001号) http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8848

②-3 ポイント重視! 楽天ブックスで買いたい→

(005号)http://books.rakuten.co.jp/rb/14497708/

(004号)http://books.rakuten.co.jp/rb/14384240/

(003号)http://books.rakuten.co.jp/rb/14274516/

(002号)http://books.rakuten.co.jp/rb/13908841/

(001号) http://books.rakuten.co.jp/rb/13539448/

③紙はかさばるからイヤ。電子書籍じゃないと買わない→

(005電子版)http://car.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20161026

(004電子版)http://www.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20160826

(003電子版)http://car.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20160624

(002 電子版) http://car.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20160418

(001 電子版)
http://goo.gl/9af1za (三栄書房 電子書籍販売サイト「クルマの本屋」)



注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15618/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS