話題LAMBORGHINI

ランボルギーニ350GTのレストアにかかったのは1930時間

カーラジオまで1964年の姿に蘇ったランボルギーニ GT350

カーラジオまで1964年の姿に蘇ったランボルギーニ GT350




オーナーにとって極めて重要な本物らしさ

現在、旧車が注目されているらしい。純粋に好きだから旧車を所有するという人だけではなく、この低金利時代、価値の上がり方が半端ないというので、投資目的による注目度も上がっているのだという。

全く同じモデルではないが、海外では、8000万円程度の値がついて販売されている。ただし、このように、ポロストリコが作業を行ったということで、このクルマはさらに高値となるだろう。ちなみ、カウンタックLP400やミウラP400SVだと1.5億円くらいのようだ。

カーラジオまで1964年の姿に蘇ったランボルギーニ GT350そんな中、ランボルギーニ 350GT のレストアが完了し、レーストラックの記念イベントでレストアモデルが初披露された。
このクルマはランボルギーニ・ポロストリコが 1 年をかけてレストアを手掛けたもので、車体と内装の専門作業にかかった時間は 1150 時間。電気系統機能などの修復作業には 780 時間を費やしている。同モデルのシャーシ番号 0121 は、製造当時のな状態に復元された。
復元後にレーストラックでの初走行を望んだオーナーの意向を反映して、初テスト走行イベントを兼ねた納車がアウトドローモ・ディ・モデナ・サーキットで行われた。レーストラックを貸し切り、オーナーの目前で、80 キロメートルの距離を無事に完走し、全般的な車のバランスと性
能はもとより、ギアチェンジの精密性やブレーキの応答性でも完璧なパフォーマンスが見られた。より厳しい走行環境においても、優れたドライビングとハンドリングが実証されている。
350GT の初回生産台数は 15 台です。初期プロトタイプの特徴は、生産を重ねるうちに変化していった。シャーシ番号 0121 は初回生産分の 1 台であり、初期の特徴を受け継ぐモデルだ。

カーラジオまで1964年の姿に蘇ったランボルギーニ GT350ポロストリコは、この特徴に関するリサーチと適切な復元作業を行った。シャーシとボディはオリジナルの配置に戻し、エンジン、冷却システム、ブレーキ・システム、燃料システムにも大幅な修理と調整を加え、安全性と真正性の保持に努めている。ブラック・レザーの内装も、製造当時のままのプロセスを用いて改装を施した。木製ステアリングホイール、アクセル、クラッチ、ブレーキペダルなどの部品も、時の流れを感じさせる味わい深い磨耗や劣化を残しつつ復元を行った。カーラジオも 1964 年当時の姿に甦り、ラジオから軽快な音が流れ、今も完璧に機能している。
ボディはきめ細やかなホワイトカラーで再塗装。ニトロアクリルの塗料配合と塗装技術はもちろん製造当時のもの。22 層もの塗装構造を採用し、各層の間に手仕事による湿式研磨をかけたことで、車のフォルムに優美で鮮やかな流れが生まれている。ルーテボラーニミラノ社は初回生産からリムを提供しており、本プロジェクトでは復元と真正性の承認の追求に携わった。新ピレリ チントゥラート205/15 タイヤと復元されたリムを組み合わせて車両に装着するのは、今回が初の
試みとなる。オーナーにとって極めて重要なのは「本物であること」。だからこそ、あらゆるディテールをおろそかにせず、初期のランボルギーニ 350GT であることを細かな部分でも感じられるよう配慮している。
ランボルギーニは、1963 年にトリノ・モーターショーで 350GTV のプロトタイプを披露した。翌年の 1964 年に、ジュネーヴ・モーターショーで 350GT を発表したことで、世界にランボルギーニ・ブランドを強く印象づけた。
高い見識を持つ顧客の厳しい要求を満たすべく、GTV のプロトタイプのエンジンに改良を加えた結果、270hp を発生する排気量 3464ccのエンジンが開発された。
これが 350GT のアルミニウム合金製 12 気筒エンジンです。アルミニウムのボディに、ZF 社製 5 速ギアボックス、ソールズベリー製ディファレンシャルギヤ、ガーリング社製ブレーキ付きの四輪独立サスペンションが収納されている。350GT は、レーストラックよりは公道でのパフォーマンスを重視したクルマであり、潤滑システムをドライサンプからウェットサンプへ替えた。
GTV プロトタイプを最初にデザインしたのはフランコ・スカリオーネだ。エレガントながらも挑戦的なフォルムや特徴が魅力だった。これを生かし、車両の再デザインを行ったのはカロッツェリア・トゥーリング社である。最もエレガントなランボルギーニ・モデルとして愛好家の人気を集めるのは、長い時を経た今もなお 350GT モデルだ。

ランボルギーニ・ポロストリコは、ミウラ、LM002、クンタッチ、そして 350GT と 4 つのフルレストア・プロジェクトを手掛けた。ポロストリコはヘリテージモデルに関する専門知識と技術が集結する部門。この部門は、車両のレストレーション、製造記録等のアーカイブ管理、認定証の発行、そしてオリジナル・スペアパーツの提供という 4 つのエリアを重視している。アフターセールス部門やディーラーネットワークを通じてこうしたサービスを提供し、車両価値の維持を図っている。また、ヒストリック・カーのスペア部品の約70%を供給できるオリジナル・スペアパーツも有しており、必要に応じて製造も行う。

残念ながら、国産メーカーでは旧車に対して、こういった対応は組まれていない。この点は、欧州と我が国の自動車文化の層の厚さの差を拡大している要因の一つだと思う。



注目記事






トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15576/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS