新車ニュースRENAULT

MT好きが感涙にむせぶメガーヌ ルノー・スポール 273

メガーヌ ルノー・スポール273 トロフィーSとルノー・スポールF1チームのジョリオン・パーマー氏、ルノー・ジャポンの大極社長

メガーヌ ルノー・スポール273 トロフィーS<LHD>とルノー・スポールF1チームのジョリオン・パーマー氏、ルノー・ジャポンの大極社長




MTのみの男気全開の設定

時代の趨勢とはいえ最近はMT設定が少ないのぅ…、とボヤいている人がいたら嬉し泣きしそうなクルマがルノーから発売された。なんと、AT無しの6MTのみ。MTは絶滅危惧種とも言われるこのご時世に、MTしか選択肢がないという耳を疑うようなミッション設定に日本のMTファンも感涙モノだろう。

メガーヌ ルノー・スポール 273

6MTとサイドブレーキが最高の組み合わせだという人もいるだろう

ルノーといえば、ル・マンなど過去の数々の戦歴からレースというイメージを持つ人も多いのではないだろうか。最近では2014年、ニュルブルクリンク北コースで、当時のFF量産車コースレコード、7分54秒36を叩き出したのが「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー R」だ。その血統を受け継いだモデルが2台発売された。

「メガーヌ ルノー・スポール 273」は、従来の265psからトロフィー Rと同じ273psにアップ。充実の装備はそのままにメーカー希望小売価格を399~409万円とし、コストパフォーマンスを充実させた。

 

メガーヌ ルノー・スポール 273

メガーヌ ルノー・スポール 273

もう1台は限定50台の特別仕様の「メガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー S <LHD>」。こちらは、左ハンドル仕様も継承し、まさにレコードマシンに近いモデルといえる。RECARO製レザー&アルカンタラコンビバケットシートなどのインテリアの質感も、レースで培った技術を生かした機能と快適さを両立し、価格は456万円だ。

ガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー S <LHD>

ルノーでは初めて左ハンドルを投入した

ガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー S <LHD>

アクラポヴィッチ製チタンマフラー

スピードライン製19インチアロイホイール

スピードライン製19インチアロイホイール

ワクワクする6MTシフト

ワクワクする6MTシフト

ダブルアクスルストラットを採用したルノー・スポール シャシーでは、駆動面と操舵面のマッチングを最高レベルにまで高め、パワフルなドライビングを実現する。また、リミテッド スリップ ディファレンシャルを標準装備。サーキットではもちろん、公道でも信頼感のあるマシンに仕上がっているのだ。

そのシャシーに搭載されているのが2.0L 16V ターボエンジンだ。SportモードとESC OFF モードで最高出力273ps(201kW)/5,500rpm、最大トルク360N・m(36.7kgm)/3,000rpm を発揮。とくにサーキット走行で最も使われる5,000-6,000rpmの回転域をトルクアップし、コーナリングでのシフトダウンを最小限に抑え、爆発的なパワーで立ち上がる。低速域では可変カムシャフトにより十分にトルクを引き出し、高回転域ではターボパワーにより、持てるすべての力を見せつける。もちろん、甘美なエグゾーストノートも健在だ。

六本木がF1のコースになったらを体験したジョリオン・パーマー氏

六本木がF1のコースになったらを体験したジョリオン・パーマー氏

六本木がF1のコースになったらを体験したジョリオン・パーマー氏

そして、このメガーヌ ルノー・スポール 273の発売を記念して東京・六本木でF1が行われたら、という動画が作られた。そして、鈴鹿でのF1に出場するジョリオン・パーマー氏もF1マシンのモデルカーに乗って、バーチャル・リアリティを体験し、会場を沸かせていた。本番でも善戦が期待されるところだ。

f1_side_tnf1_syoumen_tn

タイヤはピレリのP-ゼロ

タイヤはピレリのP-ゼロ


 


注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15519/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS