トップギア・ジャパンASTON MARTIN

セレブの極み!アストンマーティンのパワーボートがモナコでデビュー

アストンマーティンのパワーボートAM 37

アストンマーティンのパワーボートAM 37




ハイグレードモデルでは520馬力、最高速度は50ノット(約92.6km/h)

アストンマーティンといえば、007カーとしても有名なDBシリーズをはじめ、英国のラグジュアリー自動車メーカーといった印象をお持ちの方が多いと思う。そのアストンマーティンから、ボートが発表された。じつは、雑誌トップギア・ジャパンでもこのAM37については掲載したこともあり、注目していた人もかなり多かったのである。

アストンマーティンのパワーボートAM 37

名前をAM37パワーボートというが、モナコ・ヨットショーで世界デビューを果たした。全長37フィート(約11.3m)のこのパワーボートは、英国のラグジュアリー・ブランドであるアストンマーティンが、マリン業界へ進出したはじめてのボートとなる。この新しいデイクルーザーには2つのバージョンが用意されており、高性能バージョンのAM37Sの予測最高速度は、50ノット(約92.6km/h)に達する。

AM37の研究・開発には、2年の歳月が費やされ、もっとも経験豊富なアストンマーティンのデザイナーが参加した。One-77、Aston Martin Vulcan、新型DB11などの製作に携わっているアストンマーティンの熟練工が、自動車で培ってきた匠の技をパワーボートの世界で再解釈をした。ひと目見て、アストンマーティンの優雅さが具現化されていることがわかる。
アストンマーティンのパワーボートAM 37アストンマーティンのパワーボートAM 37アストンマーティン・エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンと彼のデザイン・チームは、造船技師集団のモジュラーデザイン(Mulder Design)と密接に協力し、プロジェクトのあらゆる側面を慎重に検討した。そして、ものづくりに関する経験と職人の技術を共有しながら、クインテッセンス・ヨット(Quintessence Yachts)が、アストンマーティンのデザイン言語を革新的なパワーボートへと移植した。
ライヒマンは、次のようにコメントしている。「AM37は、純粋なアストンマーティンのDNAを、まったく新しいマリン・コンセプトへと変換して完成した製品です。このパワーボートは、“パワー、ビューティ、ソウル”をスローガンとするアストンマーティンの価値を体現したものとなっています。アストンマーティンのもっとも大きな特徴は、優れたデザイン言語と美しいプロポーションです。私たちはこのDNAを、AM37でも表現しています。私たちが製作するクルマと同様、このパワーボートのデザインも、時代に色褪せない美しさを備えていることが重要でした。AM37は、非常に美しいプロポーションとエレガンスを備えた魅力的なパワーボートに仕上がっています。」
アストンマーティンのパワーボートAM 37AM37は、テーブルを快適なベッドに変えることによって、一晩を船内で過ごすことができるデイクルーザーとして設計されている。キャビンには、優雅な雰囲気を演出する照明や、エアコンディショナーなど、豪華な装備が満載。冷蔵庫、電子レンジ、コーヒーメーカーに加え、トイレも完備され、究極の快適性が実現している。最高品質のレザーを使用してエレガントにレイアウトされたリヤシートには、最大8人が乗船できる。
アストンマーティンのパワーボートAM 37アストンマーティンのパワーボートAM 37AM37のエクステリアは、シンプルでありながらも完璧にバランスがとれた、ダイナミックなプロポーションを特徴としている。AM37のフロントデッキを取り囲むように設置され、美しい曲線を描くラップアラウンド・ウインドスクリーンは、1枚のガラスから製作されている。二重に湾曲したそのラインは、業界の新たなスタンダードを確立する可能性がある。スライディング・デッキ・テクノロジーにより、ボタン操作でボートのコックピットを完全に覆うことができ、キーによって操作できるこの軽量なカーボンファイバー製パネルは、コックピット開放時にはリヤデッキ下に格納される。電気油圧式のビミニトップは、使用しない場合はエンジンハッチの下に収納することができる。また、リヤデッキから後方に広げることによって、海で泳ぐときに便利なスイム・プラットフォームとして機能させることができる。
運転席のカーボンファイバー製ダッシュボードは、アストンマーティンのもっとも先進的なスポーツカーのスタイリング要素を反映したものとなっている。ステアリングホイール、スロットルハンドル、光沢メタル製のジョイスティックといった操作系には、高品質のレザーが使用されています。ボートのナビゲーション、モニター・コントロール、エンターテインメント・システムは、先進的なマルチメディア機能に統合されている。
クインテッセンス・ヨット最高経営責任者(CEO)のマリエラ・メンゴッツィは、次のように述べた。「アストンマーティンという絶好のパートナーと共に取り組んだこの特別なプロジェクトは、私にとって素晴らしい経験となりました。今回のプロジェクトでは、クラフトマンシップと未来のテクノロジーを完璧に融合して、ユニークなパワーボートを製作することに成功しました。私たちは、真に革新的なパワーボートの製作に挑戦しました。今回、新たなマリン・ライフを提案するAM37を皆さまにご紹介することができて、大変嬉しく思っています。」
全長37フィート(約11.3m)のこのモデルには、2つのバージョンがある。予測最高速度45ノット(約83.3km/h)のAM37は、マーキュリー製の370hpを発生するディーゼル・エンジンまたは430hpを発生するガソリン・エンジンを選択できる。予測最高速度50ノット(約92.6km/h)のAM37Sには、520hpを発生するマーキュリー製のガソリン・エンジンが搭載される。
アストンマーティン・ラゴンダ副社長兼アストンマーティン・ブランドのマネージング・ディレクターであるカティア・バッシは、次のように述べた。「マリン業界に参入するために製作されたAM37パワーボートを発表することができ、大変光栄です。このプロジェクトによって、スタイルと革新技術のアイコンであるアストンマーティンは、最高のラグジュアリー・ブランドとしての地位を確固たるものにするでしょう。Aston Martin Art of Livingは、アストンマーティン・ブランドの本質的な価値を生活に取り入れるための方法を示すものであり、AM37はこの理念を表わす優れた例となるものです。」



注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15504/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS