新車ニュースHONDA, LAND ROVER, LEXUS, NISSAN, PEOUGEOT, PORSCHE, VW

行った気になるパリ・モーターショー2016

シビック タイプR プロトタイプモデル

シビック タイプR プロトタイプモデル




さすがにパリに行けないわ~という人のためにちゃちゃっと

いよいよ2016年のパリのモーターショー(Mondiale de l’Automobile 2016)が始まった。だがなかなか遠くてパリに見に行ける人は少ないだろう。

そんな人のために 2016年パリモーターショーで見られる話題のクルマを一挙に紹介したい 。

ホンダ

シビックハッチバック

シビックハッチバック

シビックハッチバック

最初はホンダブースから。シビックシリーズの5ドアモデル新型シビックハッチバックを公開した。O欧州向けとして1.0L直噴VTEC ターボエンジンや1.5L直噴VTECターボエンジン搭載車の販売を2017年初頭より開始し、その後1.6L i-DTECディーゼルエンジンが加わる。

そして2017年後半に販売が予定されているシビック タイプRのプロトタイプモデルも公開された。このプロトタイプは10代目シビックシリーズのセダンクーペハッチバックと一緒に開発され、これらのグローバルモデルと共通のプラットフォームを使った新型車となっている 。精悍なマスクのシビックタイプRプロトタイプモデルは今後のシビックシリーズの方向性を示すものとなるだろう 。シビック TYPE Rは、シビック ハッチバックとともに、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド<Honda of the UK Manufacturing. Ltd.(HUM)>で生産され、今後は欧州での販売のみならず、北米などへの輸出も予定されている。

シビック タイプR プロトタイプモデルシビック タイプR プロトタイプモデルシビック タイプR プロトタイプモデルシビック タイプR プロトタイプモデル

レクサス

レクサスはコンパクトクロスオーバーのコンセプトカーUXコンセプトを世界初公開した。インサイド・アウト コンセプトをベースにデザインされ、上から俯瞰するとエクステリアとインテリアキャビンを中心にした X線上でつながり強い相乗効果を生み出すUXコンセプト。特にフロント部分にはレクサスを象徴するL字型ランプに加え エアダクトに広がるファイバー形状のランプがレクサスの特徴であるスピンドルグリルより強調する形となっている。さらにフロントピラーはアルミ部品ピン形状のポリカーボネート材が接合されたシースルー構造になっており、内外の境界を感じさせないゆとりがある。

レクサス UX コンセプト

レクサス UX コンセプト

レクサス UX コンセプトレクサス UX コンセプト

プジョー

モーターショーのお膝元フランスのプジョーはワールドプレミアを3台出品した。プジョー 3008 DKR、NEW プジョー 3008と5008だが、残念ながらレーシングカーの3008DKRは写真がまだない。

今年今年プジョーは5つの新しい SUVを発表している。上半期ヨーロッパでコンパクトSUV の新しいプジョー2008を発表し中国では3008のモデルチェンジを行った。その後中国では4008を発表した。

プジョー3008は世界中で拡大しているSUVのCセグメントに挑戦した一台だ。このモーターショーの後世界での販売だ始まる。

プジョー5008 はC セグメントにおける7人乗りの大型SUVである。レンヌで生産を行うプジョー5008は、2017年の春に発表される予定となっている。

プジョー 3008

プジョー 3008

プジョー 5008

プジョー 5008

日産 インフィニティ

VC-Tエンジン

VC-Tエンジン

日産自動車のインフィニティブランドから世界初の量産型可変圧縮比エンジンVC-Tエンジン、Q50の2017年モデルが世界初公開となった。走行状況やドライバーによるインプットにより 最適な可変圧縮比に素早く変化させることができ圧縮比8.1から14:1の間で自由に変えることができるVC-Tは、ディーゼルなどの従来型内燃機関エンジンよりも騒音や振動が少なく高出力のV6エンジンに比べて軽量かつコンパクトという特徴がある。最高出力272馬力、最高トルク390Nmを発生する。Q50は、スポーツセダンとして、インフィニティの販売における牽引役だ。2017年モデルとして改良が加えられた。

2016年北京モーターショーで披露されたコンセプトカー QXスポーツ インスピレーションも展示される。

Q50 2017年モデル

Q50 2017年モデル

QXスポーツインスピレーション

QXスポーツインスピレーション

ランドローバー

ランドローバーは、ギネス世界新記録となるレゴ製タワー・ブリッジを作った特設会場で、新型ディスカバリーを初披露した。先日のジャガーF-PACEのイベントでも同様だったが、ジャガー ランドローバーは常にアクロバティックなアプローチで、クルマの新しい楽しみ方を伝えている、アグレッシブなブランドだ。次に何をやってくれるのか、ワクワクする。

新型ディスカバリーがギネス記録のレゴ・タワーでお披露目された

新型ディスカバリーがギネス記録のレゴ・タワーでお披露目された

新型ディスカバリーがギネス記録のレゴ・タワーでお披露目された新型ディスカバリーがギネス記録のレゴ・タワーでお披露目された

ポルシェ

電気のみで50km走行可能なパナメーラ 4E-ハイブリッドと世界一販売台数の多いレーシングカー911 GT3 Cupが世界初披露となった。水平対向6気筒4リッター直噴エンジンを搭載し、最高出力は485psに達する。パナメーラ 4E-ハイブリッドはV6ツインターボの2.9リッターエンジンと電気モーターの組み合わせにより、462psを発生。どちらもポルシェらしいハイパワーマシンとなっている。

パナメーラ 4E-ハイブリッドとポルシェAG社長、オリバー・ブルーメ

パナメーラ 4E-ハイブリッドとポルシェAG社長、オリバー・ブルーメ

911 GT3 CupとポルシェAG会長のヴォルフガング・ポルシェ

911 GT3 CupとポルシェAG会長のヴォルフガング・ポルシェ

GLM

GLM G4

GLM G4

日本の京都大学発のベンチャーで、スポーツカータイプの電気自動車の量産に日本で初めて成功したGLMは、次世代EVスーパーカーのコンセプト車両「GLM G4」を、初出展した。最高540馬力に1000Nmのトルクを出すことができるGLM G4は、0-100km/h加速3.7秒とハイパフォーマンス。すでに、量産化に向けた開発を開始。量産開始時期は2019年を目指しており、発売時期や価格は今後随時発表する予定だ。

フォルクスワーゲン

I.D.電気自動車

I.D.

I.D.電気自動車

ディーゼル偽装問題揺れ続けているフォルクスワーゲンだが 先日の新型ビートルの発表会でも アナウンスがあったように 本格的に電気自動車に参入していくようだ。

パリモーターショーで発表するのはI.D.という名前の電気自動車。出力125 kw の電気モーターを搭載し1回の充電で400から600キロの航続距離を実現している。2025年以降に実用化を目指している完全自動運転のテクノロジーを先取りしたコンセプトカーだ。

I.D.は電気自動車シリーズの第1弾で、2020年にコンパクトな天気指導者としてゴルフと並行して販売機販売開始することが計画されている。フォルクスワーゲンは2025年までに年間100万台の電気自動車を販売する目標を設定している。パリでの評判が注目される。



注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15448/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS