新車ニュースBMW

BMW i3が東京から大阪までの500kmに航続距離延長

プロトピック・ブルーのi3とビー・エム・ダブリュー株式会社の ペーター・クロンシュナーブル社長

プロトピック・ブルーのi3とビー・エム・ダブリュー株式会社の ペーター・クロンシュナーブル社長




急速充電対応で充電インフラの不安を払拭

2014年4月から販売を開始したBMW i3がマイナーチェンジをした。大容量バッテリーを搭載し、従来モデルよりも一回の充電で、ノーマルモデルでは走行距離が70%アップし、約400kmを実現した。レンジエクステンダー搭載モデルでは、東京-大阪に相当する500km以上となった。

 

BMW i3BMW i3

価格は従来と変わらず、499万円からとなっている。ベーシック3タイプ、レンジエクステンダー装備車3タイプとなり、最も高いモデルでは607万円だ。

レンジエクステンダーでは電気モーターに、発電用の647ccの直列2気筒エンジンが付いており、航続距離は511kmまで達している。エネルギー密度を高めながらバッテリーのサイズを変えることなく、約33kWhの大容量となった新開発のリチウムイオンバッテリーを搭載した新型BMW i3。室内スペースを損なうことはなく、最高出力170馬力、最大トルク250Nmを発生する電気モーターを後輪駆動で伝えることにより、100km/hまで7.3秒と俊足だ。

BMW i3BMW i3

新型BMW i3は、ベーシックモデル、レンジエクステンダー装備車ともにアトリエ、ロッジ、スイートというインテリアの設定を設けている。アトリエではクロス、ロッジではウッドを、そして最上級モデルスイートではレーザーをふんだんに使用した。

BMW i3ボディーカラーにはプラトニックブルーを追加。これまでBMW i8に設定されていた色が新型BMW i3に加わった形だ。
BMW i3にはもちろんエコカー減税対象車であり自動車取得税と重量税が100%減となるほか、翌年度自動車税も75%減税となる。さらに経産省のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象となり、最大36万5千円の補助金が受給できる。これは従来モデルの補助金23.9万からアップした。

だが電気自動車と聞いてどうしても不安が残るのは充電サービスの対応についてだ。特に外資系では、正直なところ日本の充電設備に対応できているのか不安があるという人もいるかもしれない。だがBMW i3はチャデモ方式の計測充電に対応している。急速充電の利用であれば、約45分で80%まで充電が可能だ。自宅や勤務先、普通充電の場合は約12~3時間で満充電となるので、一晩置いておく必要がある。ただ、ベーシックモデルであっても400kmまで走行ができるので、国内であれば行き先に不安は出ないのではないだろうか。さらに、公共の充電サービスが利
用可能になる「ChargeNow(チャージナウ)」という仕組みを12カ月間は無料で提供するというサービスも付く。これにより電気自動車の抵抗感や不安を軽減することだろう。減税や補助金を含めた購入価格の低下と、急速充電器への対応、そして航続距離の大幅な増加により、BMW i3は電気自動車購入へのハードルをかなり下げることは間違いないだろう。

BMW i3BMW i3


注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15416/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS