話題JAGUAR

錦織圭選手がジャガーF-PACEで見せたテクニックを目指せ

ジャガーのアンバサダーを務める錦織圭選手がF-PACEのハンドルを握った

ジャガーのアンバサダーを務める錦織圭選手がF-PACEのハンドルを握った




ジャガーをこよなく愛するアンバサダー錦織圭選手

錦織圭選手といえば、先のリオオリンピックで96年ぶりの銅メダルを獲得したが、残念ながらオリンピックでの活躍は、ポイントに含まれないものの、それでも今や世界ランキング10位以内に入る有名なプロテニスプレーヤーだ。

ジャガーその錦織選手が、ジャガーのブランドアンバサダーを務めていることは錦織ファンなら十分知っているだろう。錦織選手は従来からジャガーの大ファンであり、アンバサダーも本人からの申し出があったという。その錦織選手が、ジャガーのイベントの日本初開催を記念してゲストとして訪れ、ジャガーF-PACEのハンドルを握った。

このイベントは9月21日水曜日から23日金曜日の三日間、東京・お台場特設コースで行われる。これは、ジャガーがグローバルで展開する試乗体験イベント「THE ART OF
PERFORMANCE TOUR(ザ・アート・オブ・パフォーマンス・ツアー)」と呼ばれるものだ。

F-TYPE SVR

錦織選手を乗せて派手なパフォーマンスを見せたF-TYPE SVR

当日はあいにくの雨模様となったが、錦織選手はF-TYPE(エフ-タイプ)の最上級グレードであるF-TYPE SVRの助手席から現れた。インストラクターが運転するF-TYPE SVRは、雨の中ハイスピードでコーナリングを抜け、会場を大いに沸かせた。

今回のイベントで行われるのは公道ドライビングエクスペリエンスとスマートコーン・チャレンジがセットになった試乗プログラムだ。スマートコーンチャレンジはコース上に置かれたコーンの上部にライトがセットされており、このライトが進行方向を示す。ドライバーはランダムに点灯するライトの指示に従って、2つのコーンの間を車両で通過すると、スピード、走行距離、そこにかかった時間、走行ラインの正確性を計測し、独自のアルゴリズムを使ってドライビングパフォーマンスを得点化するという仕組みだ。このスマートコーンチャレンジに、錦織選手がジャガー初のSUVであるF-PACE(エフ-ペイス)を使って挑戦をした。

F-PACEF-PACE

さすがプロテニスプレーヤーの錦織選手、悪天候でも正確なドライビングテクニックで駆け抜けて、26,679ポイントを獲得し、暫定1位に輝いた。錦織選手は「F-PACEが出だしの速度がしっかり出ていてパワーを感じました。カーブが曲がりやすくて躍動感があり、とても楽しかったです。またいつか挑戦したいです」と感想を語った。

F-PACEF-PACE

イベントでスマートコーンチャレンジに挑戦し、錦織圭選手の得点を上回った方の中から抽選で1組2名様に、2017年ウィンブルドン選手権観戦ツアーをプレゼントするキャンペーンも実施される。ぜひチャレンジしてみよう。

また、現在発売中のトップギア・ジャパン004でも、ジャガーF-PACEが表紙となり、特集を掲載しているので、そちらもぜひ。

イベントの詳細:http://www.jaguar.co.jp/campaign/event/theartofperformancetour.html

錦織圭

26679ポイントを獲得した錦織圭選手

試乗したF-PACEに錦織選手がサインをした

試乗したF-PACEに錦織選手がサインをした

 


 

 

注目記事





トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/15376/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS