話題BMW, NISSAN, RENAULT, TOYOTA, VW

東京モーターショー2013③TVCFでお馴染みのTOYOTOWNをブースに設置

017

東京モーターショーはクルマはもちろん、各自動車メーカーの趣向を凝らしたブースや体験型イベントもいっぱい。トヨタ自動車ブースではTVCFでお馴染みのTOYOTOWNが皆さんが来るのを待っている。写真の笑福亭鶴瓶さんをはじめ、堺雅人さんの蝋人形やジーンズを纏ったカローラフィールダーなどCFでお馴染みのキャラクターやクルマがブースに並んでいる。2年前の東京モーターショーで話題となったどこでもドアに続いて、ドラえもんの人気アイテムも展示してある。さぁ、一体何か。それは来場してのお楽しみ。

018  019

日産ブースではプレスデーだけの試みだったが、ライフケアビークル(LV)と呼ばれている福祉車両がブースの中央に展示された。普段なかなか見ることのできないLVを身近に見られる良い機会だったと感じた。もっとこのような企画が各メーカーで浸透してほしい。そしてフォルクスワーゲンブースではDJが軽快なサウンドを奏でて盛り上げている。

020

出典しているのは自動車メーカーだけではない。タイヤやホイールなどのアフターパーツメーカーも数多く出典している。カーグッズの大手ブランドカーメイトでは、スマートフォンやタブレット端末を使用するARナビアプリ「DriveMate+NAVI」を出品。既存の先方車両認識アプリとドライブレコーダーの技術に加えて、新たにARナビゲーション機能を融合した超スグレモノ。まもなくリリース予定というので待ち遠しい。

ワールドプレミア以外でも注目のクルマはたくさんある。導入間近のプラグインハイブリッドスーパーカーのBMWi8、航続走行距離の長いEVのテスラモデルS。

012 015

エンツォ・フェラーリ のデザインを担当したケンオクヤマ氏のブースや二輪メーカーのヤマハが出典した4輪車。トヨタ自動車東日本が製作したハイブリッドコンパクトカー、アクアのスピンオフモデル、オープンカーのアクアエアやアクアクロスなどが展示されていた。

013 014 009 010

ブースの取材をしていると、豊田章男社長と自動車ライターの吉田由美さんと遭遇。なんと某自動車メーカーの前でツーショット写真を撮ってました。そして、モーターショーを見学していた荒木さんにモーターショーの感想をたずねてみると、「私はレンジローバーイヴォーグのようなSUVが好きなんです。今回のモーターショーではポルシェマカンをはじめ、多くのメーカーがSUVを出典しているのでワクワクしてきました。中でもこのルノー・キャプチャーはデザインがかわいいですし、白いルーフがすごいオシャレで恋におちちゃいました。」とのこと。

023 024

021 022

話題の電気自動車や最新のパーソナルモビリティにも試乗できるので、男性女性問わず、大人だけでなく、お子さんまでドキドキ・ワクワクして楽しめる東京モーターショー2013。いよいよ明日開幕です!

詳細は http://www.tokyo-motorshow.com/

 

 

 

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/1407/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS