新車ニュースSUBARU

スバル 5代目インプレッサ、2016年内に米国で生産開始

スバル新型インプレッサ

スバル新型インプレッサ



スバル次世代車第1段はCセグの牽引役

ニューヨークオートショーでスバルの5代目インプレッサが華々しくデビューした。生産は、これまでの日本から米国インディアナ州に移し、2016年内に開始する。このインプレッサはスバルの次世代車の第1段となり、Cセグメントを牽引していくモデルとしての位置づけだ。

ML01602040ML01602030

現地でプレゼンテーションを行った吉永社長によると「ボディやシャシーの剛性を2倍にし、低重心化で安定性を高めた」という。

剛性の高いボディーには新開発となる2.0L水平対向直噴エンジンを核としたシンメトリカルAWDシステムや運転支援システム「アイサイト」等の独自のコア技術を搭載し、走りと安全性に定評のあるスバルらしい車となっている。従来モデル比1.7~2倍という車体、シャシー各部剛性の大幅な向上やサスペンションなど足回り機構の進化、さらなる低重心化により、ドライバーの意志に忠実な高い操舵応答性を実現し、操舵時に無駄な挙動がなく、高い直進安定性と路面に吸い付くようなコーナリング性能が期待できる。

新型インプレッサ セダン

新型インプレッサ セダン

ML01602170

サスペンション取付け部の剛性を向上することで、車体側をたわませることなくサスペンションの減衰性能を十分に機能させ、よりスムーズに路面からの振動を収束させます。さらに、リヤスタビライザーを車体へ直接取り付けることで、車体の揺れを従来モデル比で50%低減し、快適な乗り心地を実現した。

パワーユニットでは、新型インプレッサからの新規採用となるFB型2.0L水平対向直噴エンジンが搭載されるが、従来型自然吸気エンジン比で約80%の部品を刷新するとともに軽量化を実現した。

ML01602090ML01602110

トランスミッションには改良型リニアトロニックを採用。レシオカバレッジの拡大と軽量化により、加速性能と燃費性能の向上を両立しました。全車にオートステップ変速を採用するとともに、マニュアルモードについては7速化することで、ドライバーのイメージ通りの気持ちの良い加速感が味わえ、走り重視の人におすすめできる一台となっている。

 



 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/14051/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS