試乗記NISSAN

Xトレイル、ジュークNISMO、GT-Rなど雪道でも走りの質感が高い日産車

日産自動車の雪上試乗会。Xトレイル、GT-Rなど話題の車種がズラリだが、暖冬なので雪が少なめだった

日産自動車の雪上試乗会。Xトレイル、GT-Rなど話題の車種がズラリだが、暖冬なので雪が少なめだった




シャーシ統合制御の技術が秀でているエクストレイル

モータージャーナリストの繁浩太郎氏が、蓼科で行われた「日産 オールラインアップ 雪上試乗会」に参加してきたので、その模様をお伝えしよう。最後にはこの試乗会の動画もあるので、実際に走っているのを見たい人にはおすすめだ。

今回はジュークのSUVとノート、マーチのコンパクトスモール、以上はNISMO仕様、さらにX-トレイル、FRのスカイラインとフェアレディZに試乗することができた。ただ、予定されていた女神湖上のコースは、暖冬で氷が十分な厚さにならず中止され、一般道での雪上走行だけになった。今年はそういった意味では、雪上試乗会の意味が薄れてしまったところも多かったかもしれない。その一般道ですら雪が少ない上に除雪されているケースが多く、雪が残っている道を選んでの試乗となった。

当然、道交法を守っての試乗なので、限界を試すことはできないが、逆に言えば、より普段のユーザーの乗り方での試乗となったのである。

まずは、JUKE NISMO RS。ジュークのいる小型SUVマーケットには、スバルXVやトヨタRAV4、ホンダヴェゼルなど、多くの車種が上市されている。

image005

いずれのメーカーも真面目に作られたキチンとしたクルマ達ばかりで、SUV/クロスオーバー等のクルマには、もう少し遊び/楽しさやオシャレ感があっても良いのではと兼ねてから思っている。

だが、リヤ席の乗降時の頭上クリアランスも問題なく、さらにフロントウインド視界も良く、この試乗日のような快晴時には青空を満喫しながらのドライブができるのは立派だ。

image009また、ヘッドライトの上部や少しボンネットも見えて見切りの良い視界となり、運転しやすく、しかもボンネット上を写り込んだ景色が流れるので、運転しているという感じが伝わってきて、気持よく快適なドライビングができる。

JUKE NISMO RSはドライ路面において、アクセルブレーキ操作における加減速、ステアリング操作による回頭性、転舵安定性、またボディのサイズ感も良く、すべてに非常にバランスよく人の感性に合うように仕立てられており、「わかる人のための」クルマになっている。

ドライでバランス良くても、タイヤで無理やり引っ張っていくというケースもあるが、その時はスタッドレスに履き替えてミューの低い路面を走るとその素性が露呈してしまう。雪上やアイスバーン上を走行すると、そのクルマが持っている「本質」が見えやすくなるというわけだ。

そういう意味で、このJUKE NISMO RSは、雪上走行でもバランスよく安定性も高く走ってくれる。つまり走りの質が高いというわけだ。これで、別荘に行く生活をしてみたい、と素直に感じた。

先進と言えば、トンガッたヘッドライトやテールライトは、今頃他社の多くが採用するようになってきている。

image011image013そんな中で、ジュークは2010年に発売され、スモールSUVの中では、遊び、楽しさやオシャレ感コンセプトの先駆者として存在してきた。

サイドビューは、現在のSUVの多くが採用しているクーペ風のスモールキャビンとガッチリとしたボディと下半身という構成になっている。

既に、発売から5年ほど経っていますが、全く新鮮でちょうど時代が追いついてきた感じだ。

しかも、「賛否両論ある」ってのは、とても良いことである。



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/13962/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS