試乗記SUBARU

WRX STIやインプレッサなどスバルのAWD技術、雪上でその神髄を体感【4】

_MG_4224



スバルのスポーツAWDの真骨頂、DCCD方式

スバルのAWDで、注目すべき点はスポーツAWDとしても着実に進化させて、今や世界的に見ても高いレベルとなっているということ。ラリーなどでの活躍などでそれは証明されているし、今さら説明しなくても皆さんご存じだろう。

最初の記事で紹介したように、スポーツモデルのMT車専用としては、DCCD方式とビスカスLSD付きセンターデフ方式のふたつがある。後者は電子制御なしのシンプルながら、ポテンシャルに優れたシステムなのだが、残念ながら今回、試乗車はなかった。ちなみにフォレスターとインプレッサのMT車に設定されている。

試乗できたのはDCCD方式で、これはドライバーズコントロールセンターデフ方式の略となる。走りのフラッグシップたるWRX STIに採用されているもので、コンセプトは意のままのドライビング。それだけに、仕組みは複雑で、プラネタリーギア式のセンターデフに電磁式LSDとトルク感応型の機械式LSDを組み合わせている。通常は前後トルク配分41対59を基本として、可変させていくのだが、電磁式LSDのデフロック率を任意で変えられたり、3つのオートモードから選べたりと、AWD目線での操る楽しさも存分にある。

_MG_4226_MG_4223

加えて、マルチモードVDCと呼ばれるVDCの進化型も組み合わされている。いずれにしろ、ハイレベルな制御ゆえ、すでに紹介したアクティブトルクスプリット方式ほどはフツーには走ることはできないのは事実。もちろんある一定の速度であればごく普通に、何事もなく操ることはできるのだが、STIが本来もつポテンシャルを楽しもうとすると、ある程度の練度は必要かもしれない。もちろん「素人に扱えるものじゃない」というわけではなく、ひとつひとつの挙動を理解しつつ、正確な操作を行なうことができれるというレベルで十分。スポーティな走りが日頃から好きであれば、楽しさを倍増させてくれる武器にDCCD方式がなってくれるだろう。

たとえば、コーナーの前後。ある程度、突っ込み気味に入る、または脱出時にアクセルを早めに開けるといった、本来雪道では御法度とされているような操作を計算尽くでできるようであれば、AWDが不安要素を払拭してくれる。アクセルを開けつつ、ステアリングを正しく操作して、コーナー出口に向かってあくまでも自然に進んでいくことができて、スポーティな走りを存分に楽しむことができる。またMTのシフトタイミングも楽しめるところで、クラッチを荒くつなぐとそれだけで挙動が乱れることがあるのが雪上だが、丁寧に扱えば、操作、そしてタイミングの見極めを楽しめる。

よく聞かれる言葉だが、「うまくなったような気がする」というのは、雪上におけるWRX STIとそれに積まれたDCCD方式AWDのためにあるようなもの。安心しながら積極的に走れるというのは、言葉にするのは簡単だが、実際は至極むずかしいもの。試乗は短時間で終わってしまったが、まだ乗りたかったというのが正直なところだ。

バックナンバーはこちらから【1】 【2】 【3】



 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/13948/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS