話題HONDA

McLaren‐Honda、新型マシン「MP4‐31」で戦闘力アピール

McLaren‐Honda新型マシン「MP4‐31」

McLaren‐Honda新型マシン「MP4‐31」



 



ついに仕上がってきたー!McLaren‐HondaのMP4‐31

c160221_003LMcLaren‐Honda(マクラーレン・ホンダ)は、3月18日(金)にオーストラリアで開幕する2016 FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)の参戦に先立ち、新型マシン「MP4‐31」を公開した。この「MP4‐31」には、Hondaが開発し、最先端のハイブリッド技術とコンパクトなレイアウトが特長のパワーユニット「Honda RA616H」を搭載することで、マシンの空力特性をさらに高めたデザインを実現している。

フェルナンド・アロンソ(左)、ジェンソン・バトン(右)

フェルナンド・アロンソ(左)、ジェンソン・バトン(右)

ドライバーのフェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンともに「今シーズンのチャレンジに向け、準備万端」と意気軒昂だ。HondaのF1プロジェクト総責任者の新井氏は「今年のパワーユニットは基本コンセプトを変えず、昨シーズンのレースデータを元に、課題となっていたコンプレッサー周りなどを中心に、ハードウェアを進化させています。明日からのテストでは、まずシャーシと新しいパワーユニットとのマッチングや、ERSの特性などを確認することに注力します。テストを通じて得たデータを分析し、開幕戦のメルボルンに備えたいと思います」と述べている。
チームは2月22日(月)から始まるスペイン・バルセロナのテストで、実戦に向けた調整が行われる。シーズンがたいへん楽しみだ。



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/13692/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS