トップギア・ジャパン, 話題

【速報】トップギアの新シリーズにマット・ル・ブランやサビーネ・シュミッツが参加




クリス・エヴァンスに加えて、マット・ル・ブランが新しく司会に加わる

クリス・エヴァンスに加えて、マット・ル・ブランが新しく司会に加わる

米国俳優や、女性もトップギア・チームに初参加

ビッグニュースがイギリス国営放送BBCから届いた。日本で公式のリリースをトップギアの広報担当者から受け取ったのは当サイトが初めてだと思われるので、独占速報だ。

ジェレミー・クラークソン、ジェームズ・メイ、リチャード・ハモンドがいなくなったあと、イギリスの人気DJであるクリス・エヴァンスが1人で司会をしていたが、次のシーズンから、新しく、俳優のマット・ル・ブランが加わることになった。トップギア39年の歴史で、アメリカ人が入ることが初めてだという。マット・ル・ブランは、2011年に「フレンズ」という人気TVドラマに出演し、日本でもファンが多い。マットは「クルマキ●ガイかつトップギアの大ファンだった自分が参加できてすごく嬉しい。スリリングな気分だ」と興奮ぎみだ。

左からロリー・レイド(Rory Reid),サビーネ・シュミッツ( Sabine Schmitz),マット・ル・ブラン(Matt LeBlanc),クリス・エヴァンス( Chris Evans),クリス・ハリス(Chris Harris),エディー・ジョーダン(Eddie Jordan) そしてスティグ(The Stig)でトップギアの新チームを編成

左からロリー・レイド(Rory Reid),サビーネ・シュミッツ( Sabine Schmitz),マット・ル・ブラン(Matt LeBlanc),クリス・エヴァンス( Chris Evans),クリス・ハリス(Chris Harris),エディー・ジョーダン(Eddie Jordan) そしてスティグ(The Stig)でトップギアの新チームを編成

さらに、5月からはじまる新シーズンでは、「クルマは自分のDNAだ」と豪語する、F1のコメンテーターエディ・ジョーダンとドイツのレーシングドライバーサビーネ・シュミッツが参加することも決まった。サビーネは、トップギアで初の女性ドライバーで、過去、トップギアの番組に何度か出演したことがあるということで、「トップギアの楽しみ方を良くわかっている」と頼もしい。
また、モータージャーナリストのクリス・ハリスとテレビの司会者ロリー・リードも、サブ司会者として番組に参加する。だいぶ、賑やかになりそうだ。クリス・ハリスは「トップギアはクルマで人生を積み上げていくことを教えてくれた番組だ。トラブルがたくさん待っていそうで、ウズウズするよ。いろんないたずらをするつもり」と茶目っ気たっぷりだ。ロリー・リードは「オーディションに通り、新シーズンに参加することができて本当に嬉しい」とのこと。

スティグは明らかに今日の発表に取り残されることだけはイヤそうで、こんなコメントをスティグ語でよこした。“-.-. …. . .– .. . –..– / .– . .—-. .-. . / …. — — . .-.-.-“

プロデューサーとのいざこざが原因で、ジェレミー・クラークソンが去ってしまい、リチャード・ハモンドとジェームズ・メイもいなくなってしまった。現在、3人は、アマゾン・プライムで新しい自動車番組の契約を結んでいる。

これから、新シリーズに入るトップギアは、ますますパワーアップしそうだ。当然ながら雑誌も関連して豪華になっていくので、楽しみにしてほしい。

 

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/13634/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS