トップギア・ジャパン, ドリキン・土屋圭市ASTON MARTIN, JAGUAR

【メイキング動画】土屋圭市がジャッジ アストンマーティンとジャガーはどっちがスパイカー?

アストンマーティン V12ヴァンテージSとジャガーF-TYPEはどちらがスパイカーにふさわしいのか

アストンマーティン V12ヴァンテージSとジャガーF-TYPEはどちらがスパイカーにふさわしいのか



ジャガーとアストン、スパイカーにふさわしいのはどっち?

ボンドカーの代表、アストンマーティンは、V12ヴァンテージSを選んだ

ボンドカーの代表、アストンマーティンは、V12ヴァンテージSを選んだ

さきほどお伝えした雑誌トップギア・ジャパン001では、日本オリジナルコンテンツとして、ドリキンこと土屋圭市氏がアストンマーティンとジャガーに乗り比べ、スパイカー目線でのジャッジをしている。そのメイキング映像をお見せしよう。

ジャガーF-TYPEはRのAWDに試乗した

ジャガーF-TYPEはRのAWDに試乗した

的確なハンドルさばきでF-TYPEを操るドリキン

的確なハンドルさばきでF-TYPEを操るドリキン

ボンドカーの代名詞的存在のアストンマーティン(DB10)からは、V12ヴァンテージSを、今回の映画「スペクター」では、適役が乗っていたジャガー(C-X75)からは、F-TYPE R AWDをチョイス。ハンドリング、足回り、スピードなど、スパイならではの項目をドリキンがチェックし、トップギア方式の10点満点で採点を行った。

もちろん、ハイパフォーマンスモデルの2台だからこそ、ウデが良くなきゃ違いはわからない。そこはさすがドリキン、読者にわかりやすく2台の差を解説してくれている。

その判定結果はトップギア・ジャパン001で確かめよう。



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/13545/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS