新車ニュースLEXUS

LEXUSがRXをフルモデルチェンジ、SUV市場へ攻勢にでる

レクサスRX450h “F SPORT”

レクサスRX450h “F SPORT”



月販500台をクリアしそうな新型RX

LEXUSは、プレミアムクロスオーバー「RX」をフルモデルチェンジすると共に、新たに直噴2.0Lターボエンジンを搭載したRX200tをラインアップに加え、全国のレクサス販売店を通じて、10月22日に発売した。

rxj1510_044_tn

RXは、洗練されたデザインと高い技術力をもつLEXUSブランドを体現するコアモデルの一つである。ハイブリッドのRX450hと、2.0L直噴ターボのRX200tがラインナップされている。新型RXは「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発され、堂々とした力強いエクステリアや心地良い操縦安定性など、さらなる進化を遂げている。

新型RXの価格は4,950,000円~7,425,000円(消費税込み)となる。月販目標台数は500台を予定。ただし、最上級のSUVであるLX570が販売計画の40倍を達成したことや、現在のSUVブームを鑑みると、この価格帯なら予測値を上回ることができるのではないだろうか。

RXは、ホイールベースの延長とタイヤサイズの拡大により、堂々としたプロポーションとゆとりある室内空間を両立し、力強さと大人の色気を併せ持つ。

フロントは、レクサス特有のスピンドルグリルを、切り返し位置を高く置き、薄くシャープなアッパー部と分厚く堂々としたロア部を対比させ、鋭さと力強さを両立させている。

ホイールベースの延長とタイヤサイズを拡大したことにより、ワイドなイメージとなったRXは、堂々としたプロポーションとゆとりある室内空間を提供している。

L4 2.0Lエンジン(8AR-FTS)

L4 2.0Lエンジン(8AR-FTS)

そして、新しくなったパワートレーンにも注目だ。RX450hには、燃料噴射システムD-4Sを新たに搭載したV6・3.5Lエンジンを擁するハイブリッドシステムを採用。排気冷却を強化したシリンダヘッドなどの最新技術と組み合わせ、出力性能を向上させると共に、クラストップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費 18.8km/L)を達成している。

今回新しくラインナップに加わったRX200tには、直噴2.0Lガソリンターボエンジンを搭載。最適な燃焼効率を実現する先進の直噴技術 D-4STを採用した。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせることで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを実現している。RX200tの方はFFなら495万円から選ぶことができるので、価格とドライブフィーリングを含めて検討するのが良いだろう。

RX450h “version L”

RX450h “version L”

RX450h “version L”

RX450h “version L”

コックピットのような包まれ感を演出したドライバー空間と、低い位置で水平軸を通して、階段状の構成としたインストルメントパネルによる広々とした開放感のほか、高い視認性の12.3インチワイドディスプレイや、大型フルカラーヘッドアップディスプレイなどを採用したディスプレイゾーンと、両サイドにENTERボタンを追加するなど操作性に配慮したリモートタッチなどの操作機能を集約したオペレーションゾーンを明快に分離し、運転に集中できる環境を追求するなど、ドライバー目線のクルマづくりが嬉しい。

おもてなしのコンセプトを貫いたRXが、SUV市場をどれだけ開拓できるか、とても楽しみである。

 http://lexus.jp/models/rx/



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/12927/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS