新車ニュースLEXUS

レクサスLS、地図全画面表示で運転しやすく

LS600h “version L”/ソニッククォーツ

LS600h “version L”/ソニッククォーツ



地図の視認性が高まったラグジュアリーセダンLS

LS600h “version L”/ソニックシルバー

LS600h “version L”/ソニックシルバー

レクサスのフラッグシップセダン、LSがドライバーの操作性を高める変更を加えた。価格は最も安いLS460の8,548,000円、最も高いLS600hL“EXECUTIVE package(4人/5人乗り)”は15,954,000円というハイレンジだ。

12.3インチワイドディスプレイの大画面を生かし、地図の全画面表示を可能にしたほか、画面の右側に簡易操作画面を設定し、利用頻度の高い地図、オーディオ、電話、燃費、エアコンの各機能をワンタッチで呼び出せるなど、優れた操作性を実現した。

ナビゲーションシステムには、LTE方式の通信モジュールを採用。通信の高速化に加えて、音声とデータの同時通信を実現した。G-Link機能の一つである「レクサスオーナーズデスク」のオペレーターサービスにおいて、お客様のご要望に応じてオペレーターと会話しながらナビの目的地設定が行えるなど、利便性を向上している。また、VICS WIDE対応となり、FM多重放送による渋滞情報の提供拡大や精度向上に伴い、より正確な探索ルートを提供するほか、新たに緊急情報(特別警報)や気象・災害情報などを提供することで、快適な運転を支援する。

リモートタッチについては、新たに操作ボタンを追加し、優れた操作性を確保した。

このほか、従来のスポット溶接よりも溶接打点間の間隔を詰めることができるレーザースクリューウェルディングの範囲を拡げ、また、ボディを面で結合し、たわみを抑える構造用接着剤の採用範囲を拡大することでボディ剛性を高め、優れた操縦安定性を実現している。

なお、F SPORTSを除く車種でソニッククォーツを新たに加えた全11色を設定した。

 http://lexus.jp/models/ls/



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/12733/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS