新車ニュースMAZDA

Mazdaデミオとロードスターに登場したモータースポーツ系ベース車両は、新しいチューニングファンを呼びこむ布石となるか

マツダ デミオ15MB

マツダ デミオ15MB



公道走行可能なロードスター「NR-A(エヌ・アール・エー)」とマツダ デミオ「15MB(イチゴー・エム・ビー)」

マツダ ロードスター「NR-A」

マツダ ロードスター「NR-A」

マツダの人気車種ロードスターとデミオに、モータースポーツ用のベース車両が登場した。ロードスターNR-A(エヌ・アール・エー)は2,646,000 円で10/15から、デミオ15MB(イチゴー・エム・ビー)は1,501,200 円とユーティリティーパッケージのついた1,566,000 円の2タイプで10/22から販売開始だ。

ロードスター「NR-A(エヌ・アール・エー)」は、パーティレース(ナンバー付車両を使用したJAF公認のロードスターのワンメイクレース) への参加などサーキット走行を想定し て、車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用するなど一部仕様を変更した。大容量ラジエーター、大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上している。

P1J10841sP1J10840s

SKYACTIV-G 1.5(デミオ15MB搭載)

SKYACTIV-G 1.5(デミオ15MB搭載)

デミオ「15MB(イチゴー・エム・ビー)」は、ジムカーナやダートトライアルへの参加などを想定し、1.5L ガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.5」を搭載。同エンジンには「4-2-1 排気システム」を採用することで、力強いトルクと高効率を実現した。さらに 6 速のSKYACTIV-MT や大径ブレーキの採用により、モータースポーツで活躍できそうだ。「NR-A」「15MB」ともにナンバーを取得して公道走行が可能というところも嬉しい。ひところよりもチューニング業界の人気に陰りは見えているものの、東京オートサロンの盛況ぶりを見ると、まだまだ潜在的なファンはいるように思える。だが、昔と同じような方向性を出していても、レース志向のファンのハートを捉えるのは難しいだろう。そういった意味で、メーカーがレース用のベース車両を提案することは、新たなファン層を拡大することにつながり、ひいてはチューニングやレースが、新しい形で再び盛り上がることを可能にするのだと思う。

デミオ15MB http://www.mazda.co.jp/cars/demio/15mb/

P1J10844sP1J10845s

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/12711/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS