話題MAZDA

マツダが CX-3などドイツでデザイン賞獲得

「オートモティブ・ブランド・コンテスト」の授与式

「オートモティブ・ブランド・コンテスト」の授与式



デザインチームとしてもグローバルな実力を讃えられる

CX-3

CX-3

マツダが、ドイツの自動車デザイン賞「Automotive Brand Contest(オートモティブ・ブランド・コンテスト)」において、マツダのグローバルデザイン部門、「マツダ CX-3」、マツダ独自デザインの自転車「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドー・コンセプト)」がそれぞれ選出され、9月15日にドイツ・フランクフルトのシュテデル美術館で開催された式典において賞を授与された。

「オートモティブ・ブランド・コンテスト」は、自動車に関連する優れた製品やコミュニケーションを対象にした、ドイツの権威あるデザイン賞である。「German Design Council(ドイツデザイン評議会)」が主催する本賞では15の通常部門と4の特別部門が設定されており、報道関係者やデザイン・コミュニケーションの専門家からなる評議員によって、各デザイン賞を年に1回選出されるという仕組みだ。

Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドー・コンセプト)

Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドー・コンセプト)

今年導入されたコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」が「量販車カテゴリー:エクステリアデザイン」部門で、今年4月のミラノデザインウィークに出品した「バイク・バイ・コドー・コンセプト」が「パーツ&アクセサリー」部門で、それぞれ賞を授与された。

マツダのグローバルデザイン部門が該当する賞は「チームオブザイヤー」であり、革新的で一貫性のあるブランドデザインの実現に貢献したチームを対象としている。日本、米国、ドイツにデザイン拠点をもつ同社のグローバルデザイン部門は、デザインテーマ「魂動(こどう)」をベースに、生命力・躍動感に溢れる造形を、近年の商品を通じて一貫して表現、さらに進化させてきた。

ドイツデザイン評議会は、次のように述べている。「他社のデザイン戦略とは異なり、マツダのデザインテーマ『魂動』は、デザイン言語を規定しておらず、それゆえに、マツダのデザインチームでは期待を上回るデザイン提案が常に奨励されている。このことが、マツダの現行ラインアップのクルマが、活き活きとした動きを表現しながら、それぞれの個性を際立たせる要因となっている。」

良いデザインは言語や国境を超えて伝わるということだろう。

 

 

 

マツダの執行役員・デザイン本部長の前田育男(まえだ・いくお)は、「このたび、CX-3、バイク・バイ・コドー・コンセプト、とりわけグローバルデザインチーム全員が名誉ある賞をいただいたことは、私たちにとって大きな喜びです。今後もチームが一丸となって、マツダデザインの中核となる躍動感・生命力の表現への挑戦を続け、お客様にワクワクしていただけるデザインの創造に取り組んでいきます。」と述べています。



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/12667/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS