話題MAZDA

マツダの三次自動車試験場が開業50周年でファンミーティング開催

マツダファンのオーナーが愛車でパレードに集まった

マツダファンのオーナーが愛車でパレードに集まった



マツダファンの有志が率先して開催

9月20日、マツダが「三次自動車試験場」(広島県三次市)が開業から50年を迎えたことを記念して「三次試験場50周年マツダファンミーティング」が開催された。このイベントは、マツダファンの方々を中心に構成された「三次試験場50周年マツダファンミーティング実行委員会」が主催し、マツダは特別協賛として参画したかたちで、ファンの有志が協力してできたもの。

三次自動車試験場は、当時の技術の粋を集めた大規模な自動車試験場として、1965年6月に開業した。ロータリーエンジンのローターにも似た三角おむすび形をした高速周回路が特徴的で、50年を経過した現在においても、マツダのクルマ造りを支える重要拠点としての役割を担っている。

イベントでは、ファンの愛車展示、全国のファンクラブ紹介、ファンからマツダへ寄せ書きの贈呈など、来場者参加型のプログラムに加えて、試験場見学ツアーや高速周回路での高速走行体験、同試験場における活動紹介などが行われた。また、1991年に「ルマン24時間レース」で日本車として初めて総合優勝した「マツダ 787B」の走行や、当時ドライバーとしてご活躍され今年でレース生活50周年を迎えた寺田 陽次郎(てらだ ようじろう)氏のトークイベントが開催され、会場は来場者の熱気に包まれた。最後のプログラムとして、1,000台を超えるファンの愛車によるパレードが高速周回路にて行われ、大いに盛り上がったイベントを締めくくった。

また、前日には同試験場の活動を見守り支えて下さる地域住民の方々などを招待した内覧会が開催され、日頃のご協力に対して感謝を伝えた。2日にわたって行われたイベントには、ファンならびにご来賓を含め地域住民の方々など、総勢3,000名を超える方が来場した。

ファンを大事にすることと、自動車メーカーは地域の協力なしに存続し得ないということを改めて教えてくれるイベントとなった。



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/12658/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS