話題MITSUBISHI

MITSUBISHIがエコ志向の欧州で新型アウトランダーPHEVを問う



世界で最も売れているプラグインハイブリッド

9月15日(火)から27日(日)まで、ドイツ・フランクフルト市の見本市会場(Messegelaende Frankfurt)で開催される第66回IAA 2015(66th Internationale Automobil Ausstellung、通称フランクフルトモーターショー)に、9月より欧州で販売を予定している新型 『アウトランダーPHEV』を欧州初披露する。同車から住宅への電力供給をイメージした展示も行うというから、エコ志向の強いヨーロッパの人々に、新しい自動車のあり方を提案できるのではないだろうか。

2013 年 1 月に日本で発売を開始した『アウトランダーPHEV』は、世界初の 4WD SUV プラグインハイブリッド車である。その後、ヨーロッパなど計48か国に輸出し、累計で約 7 万台(2015 年 7 月末時点)を販売し、世界で最も売れているプラグインハイブリッド車となっている。前後に独立したツインモーターと、ガソリン消費や CO2 排出がゼロになる EV 走行を可能とする大容量バッテリーを床下に配置した、先進の「プラグインハイブリッド EV システム」を搭載。ツインモーターによる滑らかな加速、EV 走行による優れた経済性や静粛性の高さなど、これまでの SUV にはない優れた特長 を併せ持ったプレミアム SUVだ。

そのほか、『アウトランダーPHEV』の「バハ・ポルタレグレ500」参戦車やその他市販車を含め、合計15台(プレスデー13台)出品する。8月から欧州仕様の『パジェロ』に搭載しているAndroid Auto™、Apple CarPlay に対応したスマートフォン連携ディス プレイオーディオも展示する。

【関連記事】
ランエボは間違いなく日本の宝だった!ファイナルエディション1000台が完売
ランエボファンならご飯3杯いけちゃう!ランエボの23年を振り返る
MITSUBISHI RVRの米国工場、生産終了で売却先を模索
MITSUBISHIアウトランダーPHEVがダイナミックに進化、燃費も60.8km/Lへ
【TAS】マット仕様のMITSUBISHIランサーエボリューションX Final Concept

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/12260/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS