新車ニュースMITSUBISHI

MITSUBISHIの軽商用EV “MINICAB-MiEV”が急速充電装備で24万円値下げ

MINICAB-MiEV VAN 4シーター CD 16.0kWh

MINICAB-MiEV VAN 4シーター CD 16.0kWh



急速充電標準装備で最大24万円値引き、補助金適用でEV最安にも

仕事に使うクルマこそ、リーズナブルでなければならない---。そんな声に応えるように、三菱自動車の軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV VAN(ミニキャブ・ミーブ バン)』及び『MINICAB-MiEV TRUCK (ミニキャブ・ミーブ トラック)』を一部改良するとともに、車両本体価格を値下げし、7月29日(水)から販売する。
価格は、『MINICAB-MiEV VAN』が1,799,280~2,450,520円、『MINICAB-MiEV TRUCK』が1,582,200円(いずれも消費税込)。『MINICAB-MiEV VAN』で最大約24万円、『MINICAB-MiEV TRUCK』で約12万円、車両本体価格を値下げした。
MINICAB-MiEV TRUCK VX-SE 10.5kWh

MINICAB-MiEV TRUCK VX-SE 10.5kWh

三菱自動車は、2009年7月に世界に先駆けて電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を発売。2011年12月に『MINICAB-MiEV VAN』、2013年1月に『MINICAB-MiEV TRUCK』をラインアップし、2015年6月末時点で、電気自動車を国内では約1万8千台、全世界で合計約2万7千台を販売しているという実績の持ち主。今回の英断に踏み切った理由として、「電気自動車の普及促進のため」があるという。
 普通充電に比べて充電時間が短い「急速充電機能」を、『MINICAB-MiEV VAN』、『MINICAB-MiEV TRUCK』の全車に標準装備した。急速充電器は、高速道路のSA、コンビニ、道の駅、宿泊施設などへの設置が進んでおり、「急速充電機能」を装備することで、外出先での短時間充電が可能となり利便性が向上し、ランニングコストに優れた商用EVとして活用の幅が大きく広がるというわけだ。
なお、『MINICAB-MiEV TRUCK』は、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限11万円)を適用することで、ユーザーの実質負担額が150万円をきり、EVでは最も買いやすい価格となる。



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/11847/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS