話題HINO, TOYOTA

トヨタと日野、東京都でも燃料電池バス(FUEL CELL BUS)実証実験

東京都実証実験に使われる燃料電池バス(FUEL CELL BUS)

東京都実証実験に使われる燃料電池バス(FUEL CELL BUS)



今年の1月に愛知県豊田市で実証実験を行い、その後公道走行をしているトヨタと日野の燃料電池バス。これが7月24日から30日にかけて、東京都で実証実験を実施することになった。

トヨタと日野が共同で開発したFCバスは、日野のハイブリッド ノンステップ路線バスをベースに、FCV「MIRAI」向けに開発した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を搭載。出力を高めるためにFCスタック及びモーターなどを2個搭載するほか、高圧水素タンクを8本搭載し、バス用に最適な設計としている。TFCSはトヨタ、シャシーをはじめバス本体は日野が担当といった形だ。

内容としては、非常時を想定した外部電源供給システムの公開給電実証と、路線バスなど公共交通としての実用性を確認する走行実証を、東京都の協力を得て実施する。7月25日(土)に外部電源供給システム公開給電実証を行い、7月24日(金)、27日(月)から30日(木)には走行実証を東京都都心部および臨海地域で行う。大都市における非常時の給電機能の実用性や、都内道路環境における走行性能を検証することにより、FCバスの技術開発を着実に推進していくという。

将来の水素社会を実現するためには、FCバスのように公共交通機関から始めることがとても重要だと感じる。

【関連記事】

トヨタ、日野、新燃料電池システムバスを豊田市に提供

TOYOTAがSiCパワー半導体搭載カムリとFCバスの公道走行開始

旧車だって走ってナンボ!”旧車天国”

【TAS】POPなトラックが目立ちすぎぃ!日野自動車

2014年度世界販売No.1の自動車メーカーは?ベスト10ランキング

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/11739/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS