投資/政治/経済TOYOTA

これから来そうな水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選

イワタニ水素ステーション芝公園

イワタニ水素ステーション芝公園



イワタニ水素ステーション芝公園を訪れた安倍首相

イワタニ水素ステーション芝公園を訪れた安倍首相

昨年12月にトヨタが初の量産型セダンとして「MIRAI」を発表し、いよいよ本格普及フェーズに入った燃料電池自動車。完成車だけではなく、燃料電池自動車関連の部品メーカ、水素ステーション関連企業にとってもビジネスチャンスと思われる。以下、燃料電池自動車関連で注目の10企業を紹介する。

(1) トヨタ <7203>

イワタニ水素ステーション芝公園での安部首相。官民一体となって取り組む姿勢だ

イワタニ水素ステーション芝公園での安部首相。官民一体となって取り組む姿勢だ

まずは「MIRAI」を発表したトヨタである。「MIRAI」の価格は税込みで723万6000円。初年度の目標販売台数は400台としている。なお、ハイブリッドカー初代「プリウス」の販売価格は215万円であり、「プリウス」の販売価格を大きく上回るが、発表会の記者会見時に加藤光久副社長が「採算のお話はできません」と語ったように、現在時点ではMIRAIは採算割れしており、トヨタの収益には貢献してないものと思われる。

(2) ホンダ <7267>

2015年1月14日の朝日新聞報道によると、ホンダは2016年3月に北米国際自動車ショーで燃料電池車を発売することを発表した。価格は明らかになっていないが、2014年11月の「Honda FCV Concept」の発表会で「競争力のあるものにしている」と伊東社長が表明しており、発売時には採算は度外視してトヨタの「MIRAI」を意識した価格にすることが予想される。

(3) ヤマハ <7951>

ヤマハは2006年に水素燃料電池を採用したスクーターFC-AQELを発表し、既に5km以内の近距離利用を目的としたリチウムイオン電池に充電して走る電動バイクを20万円台で発売しているが、2014年8月の朝日新聞報道によると、10万円台の電動バイクを2015年中に販売することを計画している。

水素燃料電池の開発は継続しているが、一般販売用というよりは、開発で培った技術を電動バイクにフィードバックすることが目的と思われる。

(4) 神戸製鋼所 <5406>

「MIRAI」の燃料電池は水素を高圧力で圧縮しており、高い耐久性と機密性が求められる。その中で、基幹部品である燃料電池セパレータ用チタン材を納入しているのが神戸製鋼所である。また、神戸製鋼所は水素ステーション向け高圧水素圧縮機を始めとする水素ステーション部品も製作しており、隠れた「燃料電池」関連銘柄といえる。

(5) 岩谷産業 <8088>

カセットボンベでおなじみの岩谷産業は、水素ステーションの設置や水素の販売で先行している。2014年7月に兵庫県尼崎市に日本初の商用水素ステーションをオープンし、2015年度までに20箇所の商用水素ステーションを設置することを表明している。

また、2014年11月には水素の販売価格を1,100円/kgと決定したが、これはハイブリッド車の燃料代と同等の水準であり、政府が2020年の達成目標としている価格水準である。戦略的な水素価格を設定して先行者利益を享受する方針を打ち出している。

(6) 太陽日酸 <4091>

産業ガスの供給とプラントエンジニアリングを主な事業としている太陽日酸も、水素ステーションの設置に参入している。太陽日酸の特徴はコンパクトな水素ステーションを提供できることであり、特に『ハイドロ シャトル』と呼ばれるパッケージ型水素ステーションは、トレーラートラックに搭載した移動式水素ステーションを展開できる点が特徴である。

(7) JXホールディングス<5020>

石油元売り大手であるJXホールディングスは、従来のサービスステーションに水素ステーションを併設する動きに加え、水素供給を単独で行うステーションおよび移動式水素供給ステーションの展開を目論み、2014年10月に「株式会社ENEOS水素サプライ&サービス」を設立している。

同社のサービスステーション数は約11,000箇所(2014年3月末時点)であり、国内シェアは32%の圧倒的トップである。ゆえに、水素ステーション化が加速すれば燃料電池自動車も一気に普及する可能性がある。

(8) 東京ガス <9531>

東京ガスは2014年12月に関東初の商用水素ステーションである「練馬水素ステーション」を開所した。既に東京ガスは関東地方を中心に約100箇所の天然ガスステーションを展開しており、水素ステーションも天然ガスステーションに併設する形で普及を進めていく。

天然ガスは既にタクシーで使われているが、2015年1月には燃料電池タクシーに係る事業計画がはじめて国土交通省の補助対象に認定されており、今度タクシーへの燃料電池車採用が加速するものと思われる。

(9) 加地テック <6391>

加地テックは東証2部上場であり売上高48億円。当期純利益3,300万円(2014年3月期)のコンプレッサメーカーである。水素ガスコンプレッサは燃料電池用水素を圧縮するために必要な基幹部品であるが、加地テックは2004年に世界で初めて全段ピストン式・110MPaオイルレス圧縮機の開発に成功するなど、この分野に早くから取り組んでいる。また、自己資本比率が72.3%(2014年3月期)と高く、実質無借金経営であるなど、財務面での安全性が高い。

(10) JFEコンテイナー <5907>

JFEコンテイナーは東証2部上場であり売上高281億円。当期純利益1,400万円(2014年3月期)のドラム缶、高圧ガス容器製造を主な事業としているメーカである。圧縮水素を充填する水素タンクには高耐久性が求められるが、JFEコンテイナーは自動車に搭載する水素ボンベおよび水素輸送用トレーラーに使われる水素ボンベの両方を製作している。(ZUU online 編集部

【関連記事】
急激に加速する「自動運転車」開発競争 抑えておきたい関連銘柄 10選
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
 軍需・防衛産業と関わりの深い関連銘柄10選 注目はどこ?
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る



トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/11380/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS