話題HONDA

1965年、ホンダのF1初優勝の過程にあった本田宗一郎の激闘精神

GWまっただ中、ドライブに出かけたけど渋滞しちゃった、なんて人もいるかも知れない。「ちょっと今タイクツー」という助手席や後部座席のクルマ好きに、1本の動画を紹介しよう。

ホンダの四輪への参入から、1965年にF1で初優勝を遂げるまでが、マンガと写真を組み合わせて描かれている。

もちろん、F1初優勝を遂げたという事実はスゴいのだが、印象的だったのは、本田宗一郎氏の激闘ぶり。「特振法」に対して通産省に文句を言ったり、部下との考え方の違いに真摯に向き合ったりと、今の日本では考えられない熱さがマンガを通して伝わってくる。こういった経営者を見て、とくに今の20代の人は、どう感じるのか、たいへん興味がある。

18分と決して短くない時間だが、一気に見られることができ、渋滞も楽しく過ごせる。これを見て、ホンダのF1参戦に期待を寄せるもよし、リーダーシップとは?に思いを巡らせるのもよし、GWを楽しく過ごして欲しい。

トラックバックURL: http://autocq.co.uk/news/10697/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

subscribe RSS